グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 乳がん検診

ここから本文です。

更新日:2022年7月21日

乳がん検診

乳がんについて

乳がんは、我が国の女性のがんの中でかかる人が多く、死亡原因の上位に位置するがんピンクリボン2です。早期の乳がんは自覚症状がないことが多いですが、しこり、乳房のひきつれ、乳頭から血性の液が出る、乳頭の湿疹やただれなどの症状が現れることがあります。日頃から自分の乳房の状態を把握して変化に気づく、40歳を過ぎたら2年に1回は乳がん検診を受ける「ブレスト・アウェアネス(乳房を意識する生活習慣)」により、早期発見・早期治療を行うことが大切です。

乳がん検診の対象者

青森市に住民票があり、令和4年4月2日~令和5年4月1日の間に40歳以上、偶数年齢になる女性のかた

※乳がん検診は2年に1回の受診間隔が定められていますが、奇数年齢になるかたは前年度受診歴がない場合、受診いただけます。ご自身の受診歴については、青森市保健所健康づくり推進課(017-718-2918)または浪岡振興部健康福祉課(0172-62-1114)へお問合せください。

※無料クーポンが届いたかたはこちらのページへ(今年度41歳になるかた)。

検診内容

 マンモグラフィ検査/40~59歳(2方向)、60歳以上(1方向)マンモグラフィ

料金(自己負担金)

検査項目 加入保険
青森市国保 左記以外
マンモグラフィ2方向
(40~59歳)
1,020円 1,430円
マンモグラフィ1方向
(60歳以上)
無料 410円

※自己負担金が無料になるかたはこちらからご確認ください。

検診の受け方

集団検診・個別検診にて実施しております。 

検診の受け方、お申込みはこちら

検診を受ける際の注意事項

妊娠しているかた、またはその可能性があるかたは受診できません。

  1. ネックレス・磁気製品・湿布等をはずしてください。
  2. 長い髪は首にかからないように束ねて、高い位置に留めてください。
  3. その他、乳がん検診を受けられないかた(各健康診査・がん検診等Q&Aへ)(別ウィンドウで開きます)

検診の結果、要精密検査となった場合

 精密検査が必要と判定された場合、速やかに医療機関を受診しましょう。

精密検査内容

  • マンモグラフィ検査…詳しく観察するため、多方向からエックス線撮影をします。
  • 乳房超音波検査…超音波により乳房内部を詳しく観察します。
  • 乳房MRI検査…寝台に横になり、強力な磁石でできた筒の中で、磁気の力を利用して撮影する検査です。
  • 穿刺吸引細胞診、針生検…しこりなど疑わしい病変が見つかった場合、細い注射針を刺して中の細胞や組織を採取して調べます。

費用

 精密検査やその後の治療に関する費用については、ご自身の健康保険をご利用ください。


問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 健康づくり推進課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-718-2918

ファックス番号:017-743-6276

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?