グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 青森市のまちづくり > 地域コミュニティ、NPO・ボランティア > まちづくり協議会 > 油川コミュニティ協議会(油川地区)をご紹介します

ここから本文です。

更新日:2017年12月11日

油川コミュニティ協議会(油川地区)をご紹介します

油川コミュニティを考える会は、平成28年5月に油川コミュニティ協議会に名称変更しました。

平成29年度の主な活動

 

元気町あぶらかわ三世代交流餅つき大会(11月23日)

油川市民センター活性化協議会、油川市民センターと共催で、勤労感謝の日に「三世代交流餅つき大会」を実施しました。会場(油川市民センター)は子どもからお年寄りまで幅広い世代の地域住民約400名が参加し、和気あいあいとした雰囲気で餅つきが始まりました。おいしいお餅を食べてみんな笑顔になりました。

餅つき大会2
餅つきの様子
餅つき大会1
餅つきの様子(青森北高校ラグビー部の生徒)
餅つき大会3
読み聞かせを行いました
三世代交流餅つき
ついたお餅のふるまい

 

油川探訪ツアーSP(11月12日)

油川探訪ツアーのスペシャルとして浄満寺の見学会を行いました。参加者31名はご住職の案内で、お寺の歴史や歴代の住職についてのご説明の後、円空仏や三十三観音像、地獄絵、森山弥七郎供養碑奥瀬一族の墓所などを見学しました。

油川探訪スペシャル1
浄満寺の説明を聴く参加者
油川探訪スペシャル2
絵の説明をする住職
油川探訪スペシャル3
仏像の説明の様子
油川探訪スペシャル4
森山弥七郎供養碑の説明の様子

 

かかしロード280オープニングセレモニー開催(9月3日)

地域の活性化とイメージアップを図っていくとともに、地域間の連携と親睦を深め目的の「第11かかしロード280」のオープニングセレモニーを9月3日油川市民センターで開催しました。
余興として、青森県民謡グランプリ王座芦田ゆかりさんの熱唱をはじめ、青い鳥保育園・PKJパワフルキッズ・油川十三森ねぶた愛好会の皆さんがステージを飾ってくれました。
十三森子ども会のねぶた囃子隊と共に「十和田湖伝説・南祖坊」のネブタが出陣参加して大変盛り上がりました。

op1
青い鳥保育園の園児による和太鼓演奏
op2
PKJパワフルキッズによるダンス
op3
十三森ねぶた愛好会のねぶた囃子
op4
セレモニーを楽しむ観客

 

かかしロード280シンボルかかし設置(8月26日)

かかしロード280シンボルかかし設置(8月26日)とオープニングセレモニー開催(9月3日)を支援しました。
8月28日から始まる秋の恒例行事「第11回かかしロード280」のシンボルかかし、今年は青森市の観光大使古坂大魔王さんがプロデュースのピコ太郎の大型かかしを実行委員と協力しクレーンや脚立を使い上部・下部をつないで取付を完成させました。

ピコ太郎1
ピコ太郎かかし完成間近
ピコ太郎2
ピコ太郎かかしの上部をクレーンで持ち上げている様子

 

油川盆踊り大会(8月20日)

地域の文化を大切にするため、「盆踊り大会」を開催し、新油川音頭、外ヶ浜音頭など計8曲を踊りました。会場(油川市民センター駐車場内)は踊り手、来賓など約225名の参加者で賑わいを見せ、天候にも恵まれ、大変盛り上がりました。

盆踊り1
祭りの様子1.
盆踊り2
祭りの様子2.
出店
祭りの様子3.
盆踊りの様子
祭りの様子4.

 

油川ジャズフェステバル(8月19日)

元気町あぶらかわ商店会主催の「油川ジャズフェステバル」に協力しました。会場(油川市民センター)は幅広い地域住民の参加者約550名で演奏を聴き入りジャズを楽しみました。

ジャズフェス2
三浦景星トリオの演奏
ジャズフェス1
演奏を楽しむ観客の様子
ジャズフェス3
青森北高校吹奏楽部の演奏

 

健康長寿体操(7月7日)

昨年度に引き続き、青森保健生活協同組合の健康体操サポーターを講師を迎え、健康長寿体操を開催しました。
この事業は、地域の方々に健康で長生きしてほしい、もっと元気でがんばってほしいという願いで行っているものです。
当日は16名が参加し、ボールとセラバンド(ゴムバンド)を使用して負荷をかけながら、腕、腹筋、足等の筋肉を鍛えました。
筋力トレーニングはアンチエイジングのほか、やる気を起こしたり、元気になったりと精神面にも良い影響を与えると講師から説明があり、参加者は熱心に運動していました。

この事業は青森市協働のまちづくりネットワーク交流会で生まれた連携事業です。

健康長寿セミナー1
セラバンドを使った運動の様子
健康長寿セミナー2
ボールを使った運動の様子

 

青森四国八十八ヶ所霊場巡り(7月2日)

恒例の青森四国八十八ヶ所霊場巡りです。野木和公園近くの修験道信道院からスタートする約8Kmのコースには、薬師如来や千手観音など八十八体の石仏が鎮座されております。
今年度は市内外から69名の参加があり、3班に分かれて一番から八十八番までの石仏巡礼のウォーキングを楽しみました。

石仏
石仏の説明を受ける参加者
1班
参拝者休息所「奥の院」前で記念撮影(1班)
2班
参拝者休息所「奥の院」前で記念撮影(2班)
3班
参拝者休息所「奥の院」前で記念撮影(3班)

 



地元企業見学会(6月9日)

地域の暮らしをつなぐ事業の一環として、油川の地元企業であり、ベビーホタテの生産や加工を行っている株式会社「山神」さんにご協力をいただき、工場の見学会を実施しました。
15名が参加し、ホタテの養殖から食品加工に至るまでを学んだ後、実際に工場内に入り、ホタテのおいしさを逃さない滅菌海水を使用した加工や、手作業による製造工程など、社員のかたからの丁寧な説明を受けながら見学させていただきました。

フリーザー
フリーザーでの冷却
yamazin2
養殖や加工の説明を受ける参加者

 

油川街歩き(4月22日)

油川地域の歴史・文化・風習を知り、資源活用や発信の視点を探るため、当協議会がガイドを務め、油川街歩きを実施しました。当日は、青森公立大学地域みらい学科の学生30名が参加し、イタリア館や浄満寺などを油川にある名所や旧跡を巡りました。

machiaruki1
青森飛行場の遺構
(市民センター前モニュメント)
machiaruki2
明誓寺前

 

平成28年度の主な活動

油川みんなの防災訓練(3月25日)

地域にある油川市民センターや油川小学校など6箇所の避難所について、防災資機材等の状況を確認し、危機管理課の職員を交えて状況報告及び意見交換を行いました。また、消火器や非常用発電機の取扱方法について同職員から教わった後、地域の方々を迎えて非常食の準備体験と試食を行いました。

 

disaster drill1
各避難所の状況報告及び意見交換

disaster drill2
発電機の取扱方法を学ぶ参加者たち

健康長寿セミナー(3月17日)

青森保健生活協同組合の講師を招き、健康長寿セミナーを開催しました。当日は17名が参加し、「健康寿命を延ばそう」というテーマのもと、生活習慣改善や健康診断などについて講義を受けました。その後の健康運動(準備運動→脳トレ運動→ゴムバンドを使用した太ももの体操)では、和やかな雰囲気の中、脳と身体を一緒に使い、楽しみながら運動しました。

この事業は青森市協働のまちづくりネットワーク交流会で生まれた連携事業です。

 

Seminar3
講義を熱心に聞く参加者たち

Seminar4
脳トレ運動の様子

元気町あぶらかわ三世代交流餅つき大会(11月23日)

油川市民センター活性化協議会等と共催で、勤労感謝の日に「餅つき大会」を実施しました。会場(油川市民センター)は子どもからお年寄りまで幅広い世代の地域住民の笑顔であふれ、約400名の参加者で賑わいを見せました。

大勢の参加者で賑わう会場
大勢の参加者で賑わう会場

餅つきの様子
餅つきの様子

県防災教育センター見学(11月20日)

地域の安全安心を守る事業の一環として、青森県防災教育センターを見学しました。震度6の地震や119番通報などを体験し、避難時の注意点やAED使用による救命処置などを学習しました。

水消火器による消火を体験
水消火器による消火を体験

煙からの避難を体験
煙からの避難を体験

油川探訪ツアー(11月6日)

油川地区の隠れた名所や歴史ある建物などを歩いて回る「油川探訪ツアー」を開催しました。参加した青森北高校の生徒たちは、ガイドの説明に熱心に耳を傾け、時にはガイドへ質問し、自分が住んでいる地区の歴史や文化を楽しく学びました。

 

matahati
天然記念物ツナイモツゴがいる又八沼

zyoumanzi
408年前に建てられた浄満寺にて

青森四国八十八ヶ所霊場巡り(10月16日)

野木和公園近くの修験道信道院からスタートする約8Kmのコースには、薬師如来や千手観音など八十八体の石仏が鎮座されており、石仏を巡りながら山道ウォーキングを楽しむことができます。
当日は大変天候に恵まれ、参加者は小学生の頃に遠足で訪れたこの聖地を、当時を懐かしみながら巡礼している様子でした。

一番から八十八番までの石仏を礼拝
一番から八十八番までの石仏を礼拝

参拝者休息所「奥の院」前で記念撮影
参拝者休息所「奥の院」前で記念撮影

 

油川盆踊り大会(8月20日)

地域の文化を大切にするため、「盆踊り大会」を開催し、新油川音頭、外ヶ浜音頭など計8曲を踊りました。会場(油川市民センター駐車場内)は踊り手、来賓など約125名の参加者で賑わいを見せ、雨にも負けず大変盛り上がりました。

盆踊りの様子(1)
盆踊りの様子(1)

盆踊りの様子(2)
盆踊りの様子(2)

 

平成27年度の主な活動

スポーツレクリエーション(3月5日)

青森市スポーツ推進委員を講師に招き、健康な体づくり等の講義や津軽弁によるご当地ラジオ体操、ラダーゲッターほか3種のレクリエーションの指導を受け、日頃から体を動かすことによる健康づくりの意識を高めました。

 

スポレク1
健康な体づくりを学びました

スポレク3
ピンクとブルーのチームに分かれて競います

スポレク2
青森市スポーツ推進員の山内さん、佐々木さん

スポレク4
ラダーゲッターの様子

油川みんなの防災訓練(12月13日)

青森市危機管理課から講師を招き、地域防災の心得や事例などについて学んだほか、水消火器を使った消火訓練、発電機の稼働訓練、通報訓練などを行いました。

油川みんなの防災訓練1
毛布1枚を使った防寒着の作り方

油川みんなの防災訓練2
毛布1枚を使った担架の作り方

青森四国八十八ヶ所霊場探訪ツアー(10月29日)

9月に予定していた探訪ツアーが雨で中止となり、10月に入り改めての開催です。野木和公園脇からスタートし、八十八体の石仏を巡る約8Kmのツアーコースになっています。この日もあいにくの空模様でしたが、ガイド役の話を聞きながら、当時の油川地域の人々に想いを馳せながら石仏を巡りました。

八十八ヶ所霊場探訪ツアー1
青森四国八十八ヶ所霊場探訪ツアーその1

八十八ヶ所霊場探訪ツアー2
青森四国八十八ヶ所霊場探訪ツアーその2

油川探訪ツアー(10月25日)

地元の子どもたちが、油川地区の隠れた名所や歴史ある建物などをウォーキングで巡るツアーです。普段はなかなか訪れない場所をガイドの説明を聞きながら回ることで、自分たちの住んでいる地域の魅力を感じ、学んでもらおうと開催しました。

地域探訪ツアー1
熊野宮拝殿の前にて

地域探訪ツアー2
地元の子どもたちと学校の先生らが参加

平成26年度の主な活動

油川の歴史とわが町のお宝発表展示会(3月28、29日油川市民センター)

油川地域の最近5年間の統計データや地域活動に取組む様々な団体の紹介、油川の歴史や地域の神社仏閣、青森四国八十八ヶ所霊場、野木和公園、横町の獅子舞など、地域の歴史や文化を取材し、整理したものを発表・展示しました。

油川の歴史とわが町のお宝発表展示会 その1
油川の歴史とわが町のお宝発表展示会その1

油川の歴史とわが町のお宝発表展示会 その2
油川の歴史とわが町のお宝発表展示会その2

油川みんなの防災訓練(11月29日油川市民センター)

市の危機管理課から講師を招き、地域防災の心得と災害の事例について学んだほか、消防署への通報訓練、避難訓練、水消火器を使っての消火訓練、発電機稼動訓練、非常食の準備体験・試食を行いました。

油川みんなの防災訓練その1
油川みんなの防災訓練(消火訓練)

油川みんなの防災訓練その2
油川みんなの防災訓練(講演)

青森四国八十八ヶ所霊場探訪ツアー(9月21日)

青森四国八十八ヶ所霊場は、空海(弘法大師)が開山した四国八十八ヶ所1番寺から88番寺の本尊を模したもので、油川にある野木和公園西側山麓の修道院を起点に鶴ヶ峯山中一円約8キロメートル程の上り下りの細道に八十八体の石仏が鎮座されています。
恒例となった探訪ツアーは、今回も天候に恵まれ、さわやかな風に吹かれながら、一番から八十八番までの約4時間の石仏巡礼のウォーキングを楽しみました。

青森四国八十八ヶ所霊場探訪ツアーその1
青森四国八十八ヶ所霊場探訪ツアーその1

青森四国八十八ヶ所霊場探訪ツアーその2
青森四国八十八ヶ所霊場探訪ツアーその2

県防災教育センター見学(7月4日)

リニューアルされた青森県防災教育センターを見学・体験し、救急時の通報のポイントや非常持ち出し品、火災時の様々な消火方法を学んだほか、水消火器による消火訓練、建物火災時の煙体験などを行いました。

あずましい町づくり懇談会(6月30日油川市民センター)

油川地区の関係団体が一堂に会し、それぞれの活動内容や課題などを話し合う「あずましい町づくり懇談会」を開催しました。当日は、26年度の油川コミュニティを考える会や各参加団体の活動計画の紹介や、地域のまちづくりについて活発な意見交換が行われました。

県防災教育センター見学
県防災教育センター見学

あずましい町づくり懇談会
あずましい町づくり懇談会

上記以外の活動についても、準備が整い次第、順次掲載していきます。
また、このほか油川コミュニティを考える会では、かかしロード280、油川市民センターまつり、三世代餅つき大会など、様々な地域活動に協力・参加しています。

油川コミュニティ協議会

油川コミュニティ協議会は、地域の良さを再認識し問題点を把握しながら、地域に存在する各団体との連携を図り、地域の皆さんが「あずましく暮らせる」よう「みんなで支えあえる地域」を目指し、平成22年11月に油川コミュニティを考える会として発足しました。同団体では、平成22年度に「油川地域計画」を作成し、平成23年度以降は、地域計画に基づいた事業を実施してきました。平成28年度には自分たちの住む地域をさらに活力のある住みよい地域としていくため、第二次地域計画を策定し事業を展開していくこととしています。

また、油川地域に根ざしてさまざまな活動に取り組んでいる「油川コミュニティ協議会」では、会の活動を地域の皆さんにもっと知ってもらえるよう、会の名前の入った黄色いのぼりや黄色いベストを作成し、活動の際には持参・着用するようにしています。

なお、油川コミュニティを考える会は、平成28年5月に油川コミュニティ協議会に名称変更しました。

地域のスローガン
「あたたかい絆はぐくむあぶらかわ~誰でもあずましく暮らせる町~」

平成25年度の活動

認知症サポーターフォローアップ研修(平成26年3月15日油川市民センター参加者40名)

「青森市地域包括支援センターのぎわ」との共催により、「認知症の人と家族の会」から講師をお招きし、認知症サポーターについて振り返る機会としてフォローアップ研修を実施しました。

スポーツレクリエーション(平成26年3月8日油川市民センター参加者19名)

青森県レクリエーション協会から講師をお迎えして、「室内ペタンク」、「ドッチビー(室内用フリスビー)」などのレクリエーション講習会を実施し、ゲームをしながら体を動かして、頭と体をリフレッシュしました。

第4回あずましい町づくり懇談会(平成26年2月25日油川市民センター参加者19名)

油川地区の関係団体が一堂に会し、それぞれの活動内容や課題を話し合う懇談会で、今回は、平成25年度の油川コミュニティを考える会の活動状況の報告や次年度の活動に向けての意見交換を実施しました。

地域行事カレンダーの作成・配付(12月)

油川地区の一年間の地域行事を網羅した地域行事カレンダーを「元気町あぶらかわ商店会」と共同で制作し、油川地区全世帯に配布しました。

チャレンジ異文化理解講座(11月9日青森北高等学校参加者30名)

ベトナム・タイ・台湾からの留学生を講師として、アジアの生活文化楽しく学びながら、それぞれの国の料理をつくることを通じて異文化理解と学校・家庭・地域の交流を深め、さらにレクリエーション講習会を実施し、ゲームをしながら体を動かして頭と体をリフレッシュしました。

認知症サポーター養成講座(10月3日油川市民センター参加者32名)

「青森市地域包括支援センターのぎわ」との共催により、認知症の実態を学びながら日常生活の中でどのような対応をしたらいいかなどについての研修会を実施しました。

かかしの制作・展示(かかし展示期間9月1日~9月30日)

「かかしロード280」に参加・展示するための「油川コミュニティを考える会」のかかしを制作して、国道280号線バイパス沿いに展示しました。
今年度の油川コミュニティを考える会のかかしは、「八重の桜」をテーマにして作りました。

油川みんなの防災訓練(8月31日油川小学校参加者約300名)

油川小学校祭と共同で開催した今年度の「油川みんなの防災訓練」は、災害発生時の備えとして、油川小学校の児童の皆さんに参加いただいて救急救命講習やAED使用講習会を実施したほか、非常用備蓄食料の炊き出し訓練などを実施しました。

地域探訪ツアー『青森四国八十八ヶ所霊場巡り』(7月21日参加者35名)

恒例となった地域探訪ツアー『青森四国八十八ヶ所霊場巡り』ですが、今回は天候に恵まれ、さわやかな風に吹かれながら、一番から八十八番までの約4時間の石仏巡礼のウォーキングを楽しみました。

第3回あずましい町づくり懇談会(6月14日油川市民センター参加者18名)

油川地区の関係団体が一堂に会し、それぞれの活動内容や課題を話し合う場である「第3回あずましい町づくり懇談会」を開催しました。
当日は、油川地区の各団体から18名の参加があり、25年度の油川コミュニティを考える会の活動計画の紹介や、地域のまちづくりについて活発な意見交換を実施しました。

平成24年度の活動

あずましい町づくり懇談会(7月5日、3月8日油川市民センター)

子どもの成長を助け、高齢者の安心を支えるための支援施策の策定・実施に向けて、まずは地域内の団体間の連携を図るため、油川地域の小学校・中学校・高校及び関連するPTA、油川連合町会、地区民生委員・児童委員協議会、老人クラブ、地区社会福祉協議会等の関係団体が一堂に会し、それぞれの活動内容や課題を話し合う場である「あずましい町づくり懇談会」を開催しました。

地域探訪ツアー青森四国八十八カ所霊場巡り(8月26日、10月18日)

油川地区の地域資源である青森四国八十八カ所霊場について、ツアーマップを作成して油川市民センターなどに設置・配布したほか、青森四国八十八カ所霊場の地域探訪ツアーを8月と10月の2回開催し、延べ53名の参加者がありました。
また、「青森四国八十八カ所霊場巡り報告書」を作成し、油川地域の学校や油川市民センター、図書館などに設置して閲覧できるようにしました。

油川みんなの防災訓練(12月2日油川市民センター参加者59名)

災害時の備えとして、通報訓練、避難訓練、消化訓練、発電機稼動訓練を実施し、59名の参加者がありました。
訓練終了後には、青森市危機管理課白川主幹による「防災の心得」や、日本赤十字社青森県支部堀越主事から「災害時の炊き出し方法と非常食保存食のいろいろ」と題して講話いただきました。

地域行事カレンダーの作成・配布(12月)

「元気町あぶらかわ商店会」と共同で地域行事カレンダーを作成し、油川地域の全世帯に配布しました。

高齢者向けレクリエーション講習会(3月23日油川市民センター参加者26名)

青森県レクリエーション協会のご協力により、高齢者向けレクリエーション講習会を実施し、ゲームをしながら体を動かして、頭と体のリフレッシュをするとともに、高校生も参加していただいたことから、高齢者との世代間交流にもつながりました。

このほか、既存の地域活動団体が主催する年中行事である、

  • ふるさと海岸海水浴場の清掃活動
  • ねぶた合同運行
  • かかしロード280
  • 油川市民センター祭り
  • 町民健康ウォーキング
  • 三世代交流餅つき大会

など、多くのイベントにボランティア参加をして、地域団体・地域住民との積極的な交流を図りました。

広報紙「油川あずまし通信」

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市市民政策部市民協働推進課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5231

ファックス番号:017-734-5232

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?