グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 予防接種 > 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関するお知らせ

ここから本文です。

更新日:2021年4月30日

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関するお知らせ

callcenter

対象者

接種日時点で16歳以上で、青森市に住民票があるかた

住所地外での接種を希望される場合

やむを得ない事情があり、住民票を置いていない自治体で接種を受ける場合は、接種を受ける自治体への申請が必要になる場合があります。詳しくは、ワクチンの接種を希望する自治体へお問合せください。

(1) 原則、申請が必要な場合
単身赴任されているかた、下宿している学生のかた、出産のため里帰りしている妊産婦のかた、DV・ストーカー行為等・児童虐待で避難しているかた
※DV等により住民票所在住所以外で接種券の受取を希望する場合は、感染症対策課(TEL 017-764-6539)へお問合せください。
住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)(PDF:116KB)
新型コロナウイルスワクチン接種券に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書(PDF:54KB)

(2) 原則、申請が不要な場合
入院・入所者、基礎疾患を持つかたが主治医の下で接種する場合、災害による被害にあったかた、勾留または留置されているかた、受刑者

接種券(クーポン券)の再発行を希望される場合

 本市が発行した接種券(クーポン券)を紛失、破損した場合は新たに接種券(クーポン券)の交付を受ける必要があります。「接種券再発行申請書兼接種記録確認同意書」にご記入のうえ、感染症対策課へ郵送、FAX、WEB等でご提出ください。(提出先は下記にあります)
接種券再発行申請書兼接種記録確認同意書(新型コロナウイルス感染症)(PDF:323KB)

転入された場合

 本市に転入されたかたで、ワクチン接種を希望されるかたは、本市の接種券(クーポン券)を新たに交付を受ける必要があります。「接種券再発行申請書兼接種記録確認同意書」にご記入のうえ、感染症対策課へ郵送、FAX、WEB等でご提出ください。(提出先は下記にあります)
接種券再発行申請書兼接種記録確認同意書(新型コロナウイルス感染症)(PDF:323KB)

転出される場合

 本市の接種券(クーポン券)を発行後に転出されたかたで、ワクチン接種を希望する場合は、転入先の自治体で新たに接種券(クーポン券)の交付を受ける必要があります。詳しい手続きは、自治体により異なりますので、転出先の自治体へお問合せください。

申請書類等の提出先

郵送 〒030-0962
青森市佃2丁目19-13 青森市保健所 感染症対策課 ワクチン接種運営チーム 担当者宛
FAX(聴覚障がいのかたのみ) 017-718-2867   青森市保健所 感染症対策課 ワクチン接種運営チーム 担当者宛
WEB 厚労省コロナワクチンナビ(外部サイトへリンク)

接種順位

国が示す接種順位に基づき接種を進めていく予定です。

1 医療従事者等(新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者等)
2 高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する方)
3 基礎疾患を有する者(慢性の呼吸器の病気、慢性の心臓病(高血圧を含む)等で通院または入院している方)
 高齢者施設等の従事者(高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等において、利用者に直接接する職員)
 60~64歳の者(ワクチンの供給量によっては、基礎疾患を有する者と同じ時期に接種を行う)
4 1~3以外の者(ワクチンの供給量等を踏まえ、順次接種)

「身近」で「安心」3つの接種体制で準備を進めています

〇入所している高齢者も安心の「施設接種」「巡回接種」

常勤医や嘱託医、協力医療機関等と連携した高齢者施設入所者への施設接種、巡回接種を4月12日から実施しております。

〇身近なかかりつけ医での「個別接種」

普段、予防接種を受けている医療機関等で接種ができます。
◆医療機関一覧(PDF:318KB)

(注意)4月21日から65歳以上のかたに送付した接種券に同封の「お知らせ」に掲載の医療機関が次の通り変更になります。

 変更:青森厚生病院、青森新都市病院は現在住民向け接種を実施しておりません。
 変更:盛ハートクリニック 予約専用電話 777-1810 
 追加:浅虫温泉病院 752-3004 
 追加:りょう内科クリニック 761-2326
 削除:菊池内科クリニック・岸谷整形外科クリニック・木村隆内科呼吸器科医院
      髙橋眼科・三上心療内科・ヤマモト皮膚科・よこの循環器呼吸器内科医院

〇かかりつけ医のいないかたなどをカバーする「集団接種」

土曜日・日曜日は、市内全市民センター(11か所:東部、戸山、西部、沖館、油川、大野、荒川、横内、中央、古川、北部地区農林環境改善センター)及び浪岡中央公民館にて、平日は青森県総合健診センター(佃二丁目)及び附属あおもり健康管理センター(松原三丁目)にて実施します。
※集団接種の申し込みは、青森市新型コロナワクチン接種専用コールセンター(☎017-764-6539)にお願いします。

shuudansesshu-taisei

接種券発送時期、接種時期

※国からのワクチン供給状況に応じて、接種日程は変更となる場合があります

接種までの流れ

予診票はこちら(PDF:342KB)からダウンロードできます。

flow

接種回数

現在、国内で承認されているファイザー社の新型コロナウイルスワクチンは、2回接種する必要があります。

接種費用

接種費用は無料です。

【注意】新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意下さい!

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が消費生活センターへ寄せられています。
青森市が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。
困ったときは、一人で悩まず、消費者ホットライン188(局番なし)にご相談ください。

接種を受ける際の同意

ワクチン接種は強制ではありません。ワクチンは本人の同意の上で接種します。接種による効果や副反応等について、かかりつけ医と相談し、接種をするかどうか決めましょう。

接種による健康被害救済制度

予防接種では、健康被害が起こることがあるため、救済制度が設けられています。
新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合にも、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金の給付など)を受けることができます。申請手続の詳細は、「青森市新型コロナワクチン接種専用コールセンター(TEL 017-764-6539)」へお問合せください。

新型コロナワクチンの効果と副反応について

効果について

2回の接種によって95%の有効性があり、発症を防ぐ効果が認められています。

副反応について

一般的に、ワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。治療が必要になったり、障害が残るほどの副反応は極めてまれですが、ゼロではありません。

よくある質問と回答(Q&A)

よくある質問と回答はこちら

市長記者会見資料(新型コロナウイルスワクチン接種関連)

 



Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 感染症対策課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-718-2852

ファックス番号:017-765-5202

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?