グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > ごみ・リサイクル・し尿 > ごみの分別 > 家庭ごみの分け方・出し方(旧青森市の区域) > 古紙類(紙パック ダンボール 新聞紙・折り込み広告 雑誌・紙箱・包装紙)

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

古紙類(紙パック ダンボール 新聞紙・折り込み広告 雑誌・紙箱・包装紙)

雑誌・紙箱・包装紙

雑誌、本、カタログ、ハードカバーの本、辞典、教科書、ノート、コピー用紙、はがき、封筒、ダイレクトメール、便せん、カレンダーの紙、お菓子・食品の外箱、ティッシュペーパーの紙箱、包装紙、紙袋、ロールの紙芯(つぶせるもの)などをひとまとめにして、紙ひもで縛ってください。

  • 小さな紙は、収集運搬の途中で飛ばないよう、雑誌の中にはさむなどしてください。
  • 紙以外のもの(ビニール・セロハン・クリップなど)は出来るだけ取り除いてください。取り除くのが困難なものは、付いたままで結構です(リサイクル工程で取り除かれます)。

雑誌・紙箱・包装紙

ダンボール

  1. 持ち運びできる大きさに折りたたんでください。
  2. 紙ひもで縛ってください。
  • ダンボールとして出せるものは、断面が二重になっていて、間に波型の紙が挟まっているものです。
  • 留め金やテープは、できるだけ取り除いてください。取り除くのが困難なものは、付いたままで結構です(リサイクル工程で取り除かれます)。
  • 防水加工されているものは、燃えるごみへ出してください。

ダンボール

新聞紙・折り込み広告

新聞と一緒に配達された折り込み広告は、一緒にまとめて紙ひもで縛って出してください。

新聞・折り込み広告

紙パック

  1. 中身が残っていると悪臭の原因になります。水でよく洗ってください。
  2. はさみなどで切り開いてください。
  3. 充分乾かしてください。
  4. 紙ひもで十字に縛って、袋に入れずにそのまま出してください。
  • 2.と3.の順序は逆でもかまいません。
  • 内側が銀色のものは、一緒にリサイクルすることができないので、燃えるごみに出してください。
  • プラスチックの注ぎ口がついている場合は、その部分を切り取ってください。

紙パック

リサイクル出来ない紙類

以下のものは、燃えるごみに出してください。

  • 防水加工紙
    カップ麺のふた、紙コップ、ヨーグルト・アイスクリームの紙容器など
  • 金箔、銀箔
    化粧箱、チョコレート・ガムの包み紙など
  • 感熱、圧着、カーボン紙
    感熱レシート、FAX用感熱紙、圧着式ハガキ(通知書、明細など)、宅配便の送り状(カーボン紙)など
  • ティッシュ、トイレットペーパー、シュレッダー紙
    (紙の繊維が細かすぎるため、リサイクルできません)
  • 臭いの強い紙
    粉洗剤が入っていた箱、線香の箱(においが消えないため)

 

 

リサイクルできない理由等の詳細について、下記リンク先(公益財団法人 古紙再生促進センター HP内)に詳しく載っております。是非ご確認ください。

 

紙のリサイクル(外部サイトへリンク)

 

問合せ

所属課室:青森市環境部清掃管理課 

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-718-1179

ファックス番号:017-718-1187

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?