グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 福祉 > 障がい福祉 > 医療的ケア児について

ここから本文です。

更新日:2019年6月4日

医療的ケア児について

医療的ケア児

 医療的ケア児は、病院以外の場所で、人工呼吸器や胃ろう等の使用、痰の吸引や経管栄養などの医療的なケアを日常的に必要とします。
 厚生労働省の調査によると、医学の進歩を背景として、NICU(新生児集中治療室)等に長期入院下後、引き続き人工呼吸器や胃ろう等を使用し、たんの吸引等の医療的ケアが日常的に必要なお子さんの数は、推計で全国では18,000人を超えています。

医療的ケア児の受入可能な事業所等

 青森県では、医療的ケア児を支援する体制づくりのため、受入可能な事業所及び保育所等の調査を実施しました。
 本市をはじめ青森県内で受入可能な施設の一覧を掲載しておりますので、事業所や保育所等の利用を希望する際に参考にしてください。
 なお、一覧において受入可能な施設であっても、児童の症状によっては受入ができない場合がありますので、事業所及び保育所等の利用を検討する際は、希望する施設へ直接ご相談ください。

 医療的ケア児の受入可能な事業所等について(青森県)(外部サイトへリンク)

小児慢性特定疾病児童等自立支援事業とふくろうガイドブック

 小児慢性特定疾病児童とその家族を対象に、自立支援員による相談を行っています。
 また、医療的ケア児への支援も含め、保健・医療・福祉・教育・就労等の情報を包括的に提供できるようまとめた「慢性疾病や医療的ケアのあるお子さんとご家族のためのガイドブック~ふくろうガイドブック~vol.1」を作成しています。

 小児慢性特定疾病児童等自立支援事業(青森市)

問合せ

所属課室:青森市福祉部障がい者支援課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5327

ファックス番号:017-734-5329

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?