グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 福祉・健康 > 国民健康保険 > 保険税 > 新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免

 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した場合等、一定の基準を満たしたかたは、国民健康保険税が減免される場合がありますのでご相談ください。
 
 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送での申請を推奨しております。
 ※申請されても、審査の結果、減免にならない場合もありますので、あらかじめご了承願います。

減免に該当する主な事由

(1) 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った世帯
(2) 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業・不動産・山林・給与収入(以下「事業収入等」という。)の減少が見込まれ、次の①~③までのいずれにも該当する世帯
① 主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額が、前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること
② 主たる生計維持者の前年の合計所得金額が1,000万円以下であること
③ 主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること
※ 失業されたかた(65歳未満)で、雇用保険の特定受給資格者及び特定理由離職者のかたは、「非自発的失業者に係る国民健康保険税の軽減制度」が適用になります。詳しくは、「倒産・解雇などによる離職や雇い止めなどによる離職をされたかたへ」をご覧ください。
※ 給与収入の減少に加えて、事業・不動産・山林収入があり、(2)に該当する場合には、「非自発的失業者に係る国民健康保険税の軽減制度」のほか、「新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免」の対象になることもあります。

減免の対象となる国民健康保険税

令和2年度の国民健康保険税

 普通徴収(納税通知書や口座振替により納税)のかたにつきましては、減免申請日以降に納期限を迎える国民健康保険税が対象となります。
 特別徴収(年金からの天引き)のかたにつきましては、普通徴収の納期に換算した期別保険税を算定し、減免申請日以降に納期限を迎える国民健康保険税が対象となります。

減免額

(1) 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った世帯
 全額

(2) 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれる世帯
《減免額の計算式》
 対象保険税額(A)× 減免の割合(B)= 減免額
 (対象保険税額(A)の算定)
 当該世帯の保険税額 × 主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等の前年の所得額(減少が見込まれる事業収入等が2以上ある場合は、その合計額)/ 主たる生計維持者及び被保険者全員の前年の合計所得金額
 (減免の割合(B)の算定)

前年の合計所得金額 減免の割合(B)
300万以下 10分の10
400万以下 10分の8
550万以下 10分の6
750万以下 10分の4
1,000万円以下 10分の2

 

提出書類

 (1) 新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税減免申請書
((2) 以下は、申請理由に応じて提出してください。)
 (2) 死亡又は重篤な傷病を証明する書類の写し(診断書等)
 (3) 令和2年中の申請時までの収入を証明する書類の写し(給与明細書、事業収支の帳簿、通帳等)
 (4) 事業等の廃止又は失業を証明する書類の写し(廃業届、退職証明書、解雇通知書等)
 (5) 保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を証明する書類の写し(保険契約書等)

関連リンク

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税減免申請書等(PDF:135KB)
減免判定簡易フロー(PDF:73KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市税務部国保医療年金課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5340

ファックス番号:017-734-5337

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?