グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 市政情報 > 情報公開 > 附属機関の会議概要 > 青森市教育支援委員会 > 青森市教育支援委員会 議事録 > 平成30年度第1回青森市教育支援委員会議事録

ここから本文です。

更新日:2018年10月10日

平成30年度第1回青森市教育支援委員会議事録

開催年月日

平成30年8月21日(火曜日)午後1時45分

開催場所

青森市教育研修センター 4階第2研修室

閉会年月日

平成30年8月21日(火曜日)午後4時30分

出席した委員の氏名

佐藤 康子 會田久美子 網塚 貴介 福田 陽 堀内 雅之 
山田 憲子 島野絵理子 相馬 純子 奈良岡 守 木村 浩哉
梅村 博之 赤坂 裕子 鎌田 仁 粕谷 秀明 八木橋房代 
佐藤 明彦 
以上16名

欠席した委員の氏名

武田 哲 藤田 猛志 奈良 親芳 石岡 篤実
以上4名

会議に従事した事務職員の職・氏名

指導課長 須藤 隆文
教育支援室長 渡邊 諭
教育支援室 指導主事 山下 征子
教育支援専門相談員 五戸 とし子 熊谷 久子 小枝 法子 橘川 曜子 
以上7名

委員、事務局以外の出席者

なし

議事の概要

(1)委嘱状及び辞令交付式
(2)教育委員会事務局指導課長あいさつ
(3)経過報告
(4)審議

【渡邊室長】
 皆様、本日はお忙しい中お集まり頂きまして、誠にありがとうございます。
私、本日司会を務めさせていただきます、指導課副参事兼就学指導室改め、教育支援室長の渡邊 諭でございます。よろしくお願いいたします。
 それでは、すでにご承知のとおり、この度8月1日より就学指導委員会の名称が変更になりましたので、今回から新名称による判断会議の開催となりました。只今から「平成30年度第1回青森市教育支援委員会」を開催いたします。

【渡邊室長】
 まずはじめに、青森市教育支援委員会委員の委嘱状及び辞令交付をいたします。
青森市教育委員会 成田一二三教育長より委員の皆様に委嘱状及び辞令をお渡しいたします。
成田教育長、お願いいたします。
 なお、教育長が皆様のお席に参りますので、どうぞ、その場でお受け取りいただきますようお願いします。
 委員の皆様への委嘱状及び辞令が渡し終わりました。
ここで、今回から新たに加わっていただきました委員を改めてご紹介いたします。
青森県立中央病院 総合周産期母子医療センター成育科部長 網塚 貴介様でございます。よろしくお願いいたします。

 本日、委員の皆様のご出席は、16名となっております。
なお、芙蓉会病院 武田委員、ふじた耳鼻咽喉科クリニック 藤田委員、浪岡養護学校 奈良委員、浦町中学校 石岡委員は、本日は所用の為、欠席されておりますことをご報告申し上げます。

【渡邊室長】
 教育委員会事務局指導課長須藤隆文より挨拶がございます。須藤課長お願いいたします。

【須藤課長】
 教育支援委員会委員の皆様には、平素より本市の教育行政運営につきまして格別のご指導・ご協力を賜り、この場をお借りし厚くお礼申し上げます。
 さてこの度、8月1日から就学指導委員会を改め、教育支援委員会に名称が変更になりましたので、教育支援委員会としては初めての開催となりました。
 委員の皆様には、これまでもたくさんの子ども達の望ましい就学先について、審議していただいておりました。
 今年度の申し込みは、8月20日現在で、すでに168名となっており、昨年の同じ時期に比べ、約20名ほど増えております。それだけ、悩み、不安を抱えている子ども達や保護者がいらっしゃるということを改めて肝に銘じ、これからの教育支援委員会としての検査や相談業務を気を引き締めて行っていきたいと思っております。
それでは、本日のご審議の程、よろしくお願いいたします。

【渡邊室長】
 それでは、教育支援委員会の委員長についてですが、これまで同様、赤坂委員長にお願いしてもよろしいでしょうか。では、赤坂委員長にお願いしたいと思います。委員長席にお着きください。

【赤坂委員長】
 こんにちは、赤坂です。皆様のご協力の下、審議をしていきたいと主増す。よろしくお願いします。
では、次第に則り、進めさせていただきます。
 まずは、経過報告と審議内容一覧について、事務局より説明願います。

【山下】
 お手元の資料3をご覧ください。
6月25日の第1回就学指導委員会開催後からの経過報告をいたします。審議に基づき答申書を作成いたしました。その後、答申結果を基に、各所属長及び各保護者に総合診断結果を通知し、就学相談を実施しております。また、随時A票を受付け、専門検査、医学的検査を実施し、事務局案を作成しております。
8月1日には、「青森市教育支援委員会」に名称が変更されました。そして本日第1回教育支援委員会の開催となりました。次に、審議内容一覧について説明させていただきます。お手元の資料4をご覧ください。
今回の審議対象者は54名となっております。事務局案としては、知的障がい特別支援学級11名、自閉症・情緒障がい特別支援学級21名、言語障がい通級指導教室3名、LD・ADHD通級指導教室3名、知的障がいを対象とする特別支援学校8名、病弱を対象とする特別支援学校1名、視覚障害を対象とする特別支援学校1名、肢体不自由を対象とする特別支援学校5名、通常学級1名となっております。

【赤坂委員長】
 それでは、審議に移ります。

※以下、青森市情報公開条例(平成17年青森市条例第26号)第7条に規定する非開示情報に該当するため、非公開とする。
【赤坂委員長】
 これで、本日予定しておりました54名の審議が終わりました。皆様、ご協力ありがとうございました。

【渡邊室長】
 本日は、ご協力誠にありがとうございました。
ここで、教育支援委員会全体に対してのご意見等ございましたら、うかがいたいと思います。
教育支援委員会委員の方々、何かご意見等ございませんか。

【梅村委員】
 就学指導委員会から教育支援委員会に名称が変更になって、何が変わったのでしょうか。また、このように変更されたことは、各学校に周知されているのでしょうか。

【渡邊室長】
 就学指導委員会から教育支援委員会に名称が変更されたことにより、特別大きく変わったことはございません。私共が従来から取り組んでまいりましたように、子どもの障がいの状態や程度はもとより、適切な支援の内容や周囲の環境、本人・保護者の希望等を委員の皆様それぞれの専門的なお立場から、総合的に判断し、子どもにとって望ましい就学先を決めていくことになります。また、早期からの一貫した支援をしていくため、就学先決定前後の就学相談にもより一層丁寧に応じていきます。
 また、就学先決定後の支援の一つに、これまでも行ってきている教育支援訪問がございます。答申を不同意したお子さんの保護者に了解を得て、就学先や進学先の学校へ出向き、検査結果やお子さんの特性、有効と思われる支援内容等について、学校へ助言する取組を行っており、これに関してもより充実させていこうと考えております。
 こうした名称変更や趣旨等については、小中学校の校長会を通じて周知しております。

【渡邊室長】
 では続きまして事務局を代表して、青森市教育委員会事務局指導課長より、皆様にお礼申し上げます。

【須藤課長】
 本日はお忙しい中お集まりいただき、また、貴重なご意見を頂戴し、本当にありがとうございました。
今週末からはいよいよ2学期がスタートし、子ども達の明るく、元気いっぱいの声が学校に戻ってきます。子どもたち一人一人が輝き、安心して学校生活が送れるよう、学校訪問や求めに応じ、これからも各学校を支えていきたいと思います。今後とも委員の皆様方から、ご指導、ご鞭撻をいただきたいと思っておりますので、本市の障がいのある子どもの望ましい就学先決定に向け、お力添え賜りますよう、お願い申し上げ、閉会の挨拶に替えさせていただきます。本日は、誠にありがとうございました。

【渡邊室長】
 最後に、本日使用した資料は、個人情報が含まれておりますことから、資料5審議案件につきましては、お持ち帰りいただきませんよう、お願いいたします。
次回の教育支援委員会は10月18日(木曜日)に予定しておりましたが、諸事情により10月30日(火曜日)に変更させていただきたいと思います。本日お配りした封筒に通知の文書が入っておりますので、お確かめください。お忙しい中とは存じますが、第2回教育支援委員会へのご出席、よろしくお願い申し上げます。
これをもちまして、第1回青森市教育支援委員会を終了いたします。皆様、本日はありがとうございました。

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局指導課   担当者名:青森市教育研修センター教育支援室

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-765-1507

ファックス番号:017-744-5772

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?