グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 観光 > 観光スポット > 八甲田・十和田 > 雪中行軍遭難記念像

ここから本文です。

更新日:2015年1月7日

雪中行軍遭難記念像

雪中行軍記念像
雪中行軍記念像

1902年(明治35)1月、歩兵第5連隊第2大隊210人が八甲田で遭難した際に、雪の中に仮死状態で立つ兵士の姿(後藤房之助伍長といわれている)を捜索隊が発見し、救援活動のきっかけになったと伝えられています。
全国の将校たちの寄付により、靖国神社の大村益次郎像などを製作した大熊氏広により創られ、現在の馬立場の頂上に「歩兵第5連隊遭難記念碑(高さ約7m)」として建立し霊を慰めたものです。

問合せ

所属課室:青森市経済部観光課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5179

ファックス番号:017-734-5188

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?