グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 観光 > 観光スポット > 八甲田・十和田 > 八甲田山系の植生

ここから本文です。

更新日:2015年1月7日

八甲田山系の植生

ツツジ
ツツジ

ワタスゲ
ワタスゲ

キンコウカ
キンコウカ

那須火山帯の中の、八甲田火山群地域を八甲田連峰と称します。
大岳(1,585m)を主峰として高田大岳、井戸岳、赤倉岳、前嶽、田茂萢岳、小岳、硫黄岳、石倉岳、雛岳の10の山々を北八甲田といい、櫛ケ峰をはじめ6峰の山々を南八甲田といいます。それぞれの山は円錐状から台形状になっており、中でも、高田大岳と両側に同じ間隔である小岳、雛岳と噴火口の無い三峯が連なっているのは、火山帯としては珍しいものです。
八甲田連峰は、どれも四方にきれいに裾を開くようになっています。そのため川が多く流れ、上流では美しい渓谷や滝がよく見られます。火山のなごりとして、地獄沼などの噴気孔跡や温泉も数多くあります。

標高1,000m位まではブナの林になっていますが、それより上はアオモリトドマツなどの針葉樹が主体となっております。
1,400mより標高が高い高山帯では、ハイマツの群生地となり、ナナカマドやミヤマハンノキなどの低木が混成しております。
また、多数の湿地があり湿原植物の宝庫になっています。

問合せ

所属課室:青森市経済部観光課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5179

ファックス番号:017-734-5188

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?