グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 交通部 > よくある質問 > バス運行に係る要望など

ここから本文です。

更新日:2015年7月1日

その他バス運行に係る要望など

質問1 バスの運行本数を増やしてほしいのですが?

交通部では厳しい経営状況が続いており、バス利用者の低迷や人口の減少が進む現状において、運行本数の増便は大変難しい状況でありますことをご理解願います。

質問2 バス車内で両替はできますか?

乗車されるバスによっては、高額紙幣(二千円札以上)の両替ができない場合もございますので、あらかじめ小銭のご用意をお願いします。
※車内でのバスカード購入時もお釣りのないようにご協力をお願いします。

質問3 バスの運賃をもっと安くできませんか?

現在、交通部では利用者負担の公平性の観点から、ご乗車いただいた距離に応じて運賃が変動する「対キロ区間制」を適用しておりますが、利用者の減少が続く中、消費税増税による料金の引上げを除き、平成2年度以来料金を据え置いており、できる限りお客様にとってご利用しやすい料金設定に努めておりますことをご理解ください。

質問4 経費削減のため、小型バスで運行してはどうですか?

バスダイヤは、1台の車両を効率的に運用するため様々な路線や時間帯を組み合わせて運行しております。
そのため、日中の少ないバス需要に合わせバスを小型バスにしてしまうと、朝夕の需要ピーク時にお客様の乗り残しを発生させてしまう恐れがあるため、バスの小型化は困難でありますことをご理解願います。

質問5 停留所以外の場所でバスに乗車することはできませんか?

道路運送法上、原則として(※)国土交通省から認可を受けた事業計画に記載されたバス停留所以外での途中乗降はできません。
※ただし、急病人等を運送する場合は除く

質問6 待合所を設置してほしいのですが?

交通部では、今後もお客様のご要望を踏まえながら、待合所の整備に努めてまいりたいと考えておりますが、待合所の設置にあたっては、維持・管理に係る地元町会等の協力や土地所有者等の協力、さらには歩道幅員等の設置基準を満たす必要がありますことから、全てのバス停には設置できないことをご理解願います。

質問7 車いすでバスに乗車することはできますか?

車いす対応バスは、ご乗車いただける人数に限りがあるほか、乗降をご希望される停留所の道路形態などによっては乗降が困難な場合がありますので、ご利用の際は事前に東西各営業所へご連絡をお願いいたします。

質問8 ノンステップバスの導入を進めてほしいのですが?

交通部では、郊外部を含めた様々な路線を組み合わせたダイヤでバスを運行しており、特に冬期間においては車体下部と路面との接触の危険性があったため、ワンステップバスという低床バスの導入を進めてきており、平成26年度末における低床バス車両の割合は全車両の約40%となっております。
今後は、ノンステップ車両において車高調整装置の採用等による車両の改良が進んできていることを踏まえ、車両更新にあたってはノンステップバスの導入を進めてまいります。

質問9 バス車内での携帯電話の取扱いはどのようになっていますか?

優先席付近では、携帯電話の電源をお切りください。
また、優先席以外の場所では、携帯電話をマナーモードに設定のうえ、通話はご遠慮いただきますようお願いいたします。

質問10 ベビーカーに子どもを乗せたまま、バスに乗ることはできますか?

ベビーカーにお子様を乗せたまま(折りたたまず)で、ご乗車いただくことができます。なお、ベビーカーの安全な使用のため、以下の点にご注意ください。

  • ベビーカーに子どもを乗せる際にはシートベルトを着用しましょう。
  • 段差に注意して操作しましょう。
  • 車内等で止めている間はストッパーをかけ、しっかり手も添えましょう。
  • 固定ベルトを使い、進行方向の後ろ向きに固定するようにしましょう。

質問11 ペットは乗せられますか?

小型のペットであれば、移動用のバスケット等に入れることで乗車できます。
※ただし、乗務員が他のお客様のご迷惑となる恐れがある、あるいは著しく車両を汚損する恐れがあるなどと判断した場合には、乗車をお断りする場合があります。

質問12 盲導犬・介助犬・聴導犬もバスに乗れるのですか?

平成14年10月から「身体障害者補助犬法」が施行されており、この法律に基づき認定された身体障害者補助犬については、お客様に随伴して乗車できます。
※なお、身体障害者補助犬は、ペットと異なり特別に訓練された犬です。お乗りあわせのお客様のご理解とご協力をお願いいたします。

質問13 路線やダイヤの設定を行う時、利用者の声は活かされているのですか?

交通部では、原則として年1回ダイヤ改正を行っており、その際は各路線やバス停留所間の利用状況や所要時間などの運行データ、さらにはお客様からいただいたご意見やご要望などを踏まえながら、採算性も考慮して、ご利用に見合った路線・ダイヤの設定に努めております。

質問14 電子マネー(ICカード)を導入してはいかがでしょうか?

ICカードについては、乗降時間の短縮や運賃確認の簡略化、繰り返し使用することが可能で資源の節約につながることなど多くのメリットがある一方で、高額な経費負担の課題があり、導入には至っていない状況にあります。

質問15 「運転免許自主返納支援事業」とはどんな事業ですか?

高齢者の交通安全とマイカーから公共交通機関への移動手段の転換を促すための事業として平成27年4月1日から実施しております。
青森市に住所を有する方で、運転免許を自主返納し運転経歴証明書の交付を受けた方を対象に、青森市営バスカード5000円相当分を進呈します。
申請方法などくわしくはこちらをご覧ください。

質問16 一部のバス車体で錆びが目立つのですが?

交通部では、保有するバス車両の腐食や老朽化が進んでいることは認識しており、腐食が著しい車両などを対象に、随時板金修繕を行っています。
また、車両更新計画に基づき、老朽化が進んでいる車両を廃車し、バスを購入するなど、バス利用者のサービス向上に努めております。

質問17 団体(大人数)でバスを利用したい場合はどうすればいいですか?

中型から大型への車両の変更など、可能な範囲で乗り残しを防ぐための対応を検討させていただきますので、ご乗車される予定のバス停名や路線、人数などについて、できるだけ早めに東西各営業所までご連絡ください。

質問18 市営バスではどのような環境対策を行っているのですか?

バス待機中にエンジンを停止し、排気ガスの排出量を削減する「アイドリングストップ」を実施しております。
また、平成26年度からは家庭から排出された廃食用油をBDF(バイオディーゼル燃料)として活用したBDFバス運行を実施するなど、二酸化炭素の削減に取り組んでおります。

質問19 「小学生証」を紛失した場合、どのような手続きになりますか?

紛失した場合の再発行については、お子様が通われている小学校にお問い合わせください。
※交通部では発行できません。

問合せ

所属課室:企業局交通部管理課

青森市大字野内字菊川47-1

電話番号:017-726-5441

ファックス番号:017-726-5475

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?