グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 賢い消費生活 > 消費生活情報 > 【消費生活情報】消防職員を名乗る訪問販売にご注意ください(平成27年1月27日)

ここから本文です。

更新日:2015年1月17日

【消費生活情報】消防職員を名乗る訪問販売にご注意ください(平成27年1月27日)

平成26年12月16日、青森市浦町地区において、中央消防署の職員と名乗り、住宅用火災警報器の訪問販売をしようとする事案が発生しました。
男性は、「住宅用火災警報器は各部屋に設置しなければならない、今回販売する住宅用火災警報器は3年使える、1個3,800円で販売する。」と説明し、販売しようとしました。
青森地域広域消防事務組合では、住宅用火災警報器の販売はしていません。また、住宅用火災警報器は、寝室及び寝室のある階の階段の上端等に設置することが定められております。このような訪問があった場合、即答せず相手の所属、連絡先等を確認し、家族や近親者もしくは消防署に相談のうえ、対応するようにお願いします。不審な業者の訪問等があった場合は消防本部予防課にご相談ください。

【問合せ】
消防本部予防課
電話017-775-0853

問合せ

所属課室:青森市青森地域広域事務組合消防本部予防課

青森市長島二丁目1-1

電話番号:017-775-0853

ファックス番号:017-775-1444

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?