グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 産業・雇用 > 農林水産業 > 農林水産業関係施設 > 青森市農業振興センター > 農業を学ぼう!(農業研修・講習会のご案内)

ここから本文です。

更新日:2022年1月15日

農業を学ぼう!(農業研修・講習会のご案内)

 農業振興センターでは、東青管内市町村にお住まいで、就農を目指すかた、農業を手伝いたいかたなど、農業の基礎を学びたい初心者のかたなどを対象に、野菜や花の栽培技術に関する各種講習会等を開催しています。

2月に実施予定の講習会

野菜づくり初心者講習会 令和4年2月10日

申込方法 往復ハガキに<①住所 ②氏名 ③電話番号>を記入し、農業振興センター「初心者講習会」係まで郵送(ハガキ1枚につき参加申込1名まで)
申込〆切 令和4年2月2日(水曜日)当日消印有効

12

主な講習会一覧

講習会名 開催内容 開催時期 場所 告知時期

農業研修(※)

農業振興センターのメインとなる研修です。農業の基礎や各種野菜・花きの栽培方法、農薬の使い方等を学びたいかた向けの基礎講座と実技研修です。 4月~8月
(原則毎週火曜・木曜の9時~3時、全30回)
農業振興センターほか 3月中旬頃

野菜等栽培講座

農業の基礎や各種野菜・花きの栽培方法、農薬の使い方等を学びたいかた向けの基礎講座です。(座学) 4月~6月
(毎週火曜・木曜の1時~3時、全7回程度)
農業振興センターほか 3月中旬頃

薬草・ハーブ観察会

農業振興センターに植栽されている薬草やハーブを解説します。 7月上旬頃 農業振興センターほか 6月上旬頃

園芸講習会 (花き)

種苗メーカーなど外部の専門家を招き、花きの新品種や技術を紹介します。 10月頃 市民センター等

9月頃
(農協等でのポスター掲示)

園芸講習会 (野菜)

種苗メーカーなど外部の専門家を招き、野菜の新品種や技術を紹介します。 1月頃 市民センター等 12月頃
(農協等でのポスター掲示)

野菜づくり 初心者講習会

農業の基礎や各種野菜の栽培方法を学びたいかた向けの基礎講座です。 2月頃 市民センター等 1月中旬頃

農業研修では、暑いハウス内での作業や中腰での作業がございますので、65歳以下で心身ともに健康なかたに限らせていただきます。

 

上記の開催内容、開催時期、場所、告知時期等は変更となる場合がありますので、詳しくは広報あおもり等によりご確認ください。

 

申込方法・〆切

 広報あおもりや東青管内市町村広報誌等に掲載される告知をご確認ください。

農業研修生の声

  • 農業は大変だけどやりがいがあり、育てる苦労とそれを上回る楽しさに満ちている明るいイメージに変わった。(50代女性)
  • 育てたことのない野菜の植え付けや剪定などとてもためになった。今まで自己流と独学でやってきたが、研修で学んだ技術を今後の野菜づくりに生かしたい。(40代女性)
  • コロナ禍のなか研修に参加でき、とても感謝している。農業が好きな人達と知り合うことができ、色々な情報を共有することができた。(40代女性)
  • 実家に農地があっても興味がなかったが、いずれ継がないといけないと漠然と思っていた。研修を受けて農業が楽しみに変わった。(60代男性)
  • どんな時代でも生きていくのに必要な技能を考え、野菜づくりができればと思った。特に病害虫の様々な症例を目にすることができ、作物の状態をよく観察することの大切さを学んだ。(30代男性)
  • 取れたてのカブやとうもろこしにかぶりつき、その甘さに感激した。(60代女性)
  • うね作り、マルチ張り、播種、定植、その後の管理方法、収穫、調整、水耕栽培、トラクターなど農業機械の使い方、全てにおいて”そうだったのか!”の連発!目からウロコ!(50代男性)
  • 研修を通じ、食べ物のありがたみを感じ、農家のかたへの感謝の気持ちがわいた。(50代男性)
  • 今まで野菜づくりがうまくいかなかった理由がわかり、どんどん楽しみになった。(40代女性)

農業研修・講習会ギャラリー

kensyu_000170kensyu_000270kensyu_000370kensyu_000470

問合せ

所属課室:青森市農林水産部農業振興センター

青森市大字四戸橋字磯部243-319

電話番号:017-754-3596

ファックス番号:017-754-3595

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?