グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 福祉 > 高齢福祉 > 成年後見制度

ここから本文です。

更新日:2017年11月22日

成年後見制度

成年後見制度とは

認知症、知的障がい、精神障がいなどの理由で判断能力が不十分なかたは、不動産や預貯金などの財産を管理したり、身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。
また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害にあうおそれもあります。
このような判断能力の不十分なかたを保護し、支援するのが成年後見制度です。

申立てができるかた

本人(後見以外)、配偶者、4親等以内の親族など
※4親等以内の親族の申立てが期待できないかたは、市が申立人となり、家庭裁判所へ手続することができます。

相談窓口

高齢者支援課(電話:017-734-5326)
障がい者支援課(電話:017-734-2418)
浪岡事務所健康福祉課(電話:0172-62-1113)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市福祉部高齢者支援課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5326

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?