グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 青森市のまちづくり > 計画・方針・ビジョン > 青森市の都市計画 > 立地適正化計画

ここから本文です。

更新日:2019年3月29日

立地適正化計画

立地適正化計画の概要

立地適正化計画は、将来のまちの姿を示す計画であり、居住や都市の生活を支える都市機能の誘導によるコンパクトなまちづくりと地域公共交通との連携により、「コンパクト・プラス・ネットワーク」のまちづくりを進め、持続可能な都市構造への再構築を図ることを目的に策定するものです。
都市計画区域内において、住宅及び医療、福祉、商業その他居住に関連する施設の立地に関する方向を定めるとともに、地域公共交通と連携し、用途地域など既存の都市計画制度と組み合わせて一定の人口密度を維持していく「居住誘導区域」と、その居住誘導区域の中でも特にまち全体として必要な機能の維持と新規立地を促す「都市機能誘導区域」を定め、都市機能の立地をコントロールしながら、人口減少社会にあっても住みよいまちづくりの形成に努めていこうとするものです。

kuiki

図 立地適正化計画の策定イメージ

青森市立地適正化計画

市では、都市再生特別措置法に基づく「青森市立地適正化計画」を変更(軽微な変更)しましたので、平成31年3月29日付けで計画公表します。

青森市立地適正化計画(第1章~第2章)(PDF:6,308KB)
青森市立地適正化計画(第3章~第8章)(PDF:6,672KB)
青森市立地適正化計画の概要(PDF:636KB)

 

※計画の変更点等(平成31年3月29日付け)

第7章「誘導施策等」の一部を変更
① 改正都市再生特別措置法の施行に伴い創設された、都市機能誘導区域内において休廃止する誘導施設
の有効活用を図るための「都市機能誘導区域内の誘導施設の休廃止届出制度」について追記
(73ページ)
② 改正都市再生特別措置法の施行に伴い創設された、空地や空家等の低未利用地の利用促進や発生の
抑制を図るための「立地誘導促進施設協定制度」について追記
(74ページ・80ページ)
③ 「青森駅周辺地区」において予定されている「中新町山手地区第一種市街地再開発事業」と「新町一丁目地区優良建築物等整備事業」の2つの事業の追記
(76ページ・78ページ・81ページ)

青森市立地適正化計画の区域図

 立地適正化計画の区域図
※詳細の区域については、お問い合わせください。

立地適正化計画の届出制度

計画に定める区域外での一定規模以上の開発行為や建築等行為が届出の対象となるため、市への届出が必要となります。

(詳しくは、下記リンク先をご覧ください。)
立地適正化計画の届出制度のお知らせ

 

立地誘導促進施設協定

立地誘導促進施設協定制度は、空地や空家等の低未利用地の利用促進や発生の抑制を目的としたものであり、空地等の私有地を広場や通路などとして地域のために使う場合、複数の地権者間で協定を締結し、市がこれを認可することにより、協定期間中は地権者が変わっても引続き地域のために活用が可能となるものです。
※制度の詳細については、下記の国土交通省リンク先資料をご覧ください。

国土交通省リンク(都市のスポンジ化対策)
http://www.mlit.go.jp/toshi/city_plan/toshi_city_plan_tk_003039.html(外部サイトへリンク)

 

立地誘導促進施設協定活用イメージ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市都市整備部都市政策課 

青森市柳川ニ丁目1-1  

電話番号:017-761-4481

ファックス番号:017-761-4389

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?