グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 戸籍・住民票など > 住民票の写し、個人番号カード(マイナンバーカード)等への旧姓(旧氏)併記

ここから本文です。

更新日:2019年11月1日

住民票の写し、個人番号カード(マイナンバーカード)等への旧姓(旧氏)併記

令和元年11月5日(火曜日)から、請求により、住民票の写し、個人番号カード(マイナンバーカード)等に旧姓(旧氏)が併記できるようになり、婚姻等で氏に変更があった場合、従来称していた氏を住民票等に記載し、公証することができるようになります。

記載を希望するかたは、市民課または浪岡事務所市民課で請求してください。

旧氏とは
旧氏とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。

旧氏が記載されるもの
・住民票の写し
・個人番号カード(マイナンバーカード)またはマイナンバーの通知カード
・公的個人認証サービスの署名用電子証明書

旧氏の登録に必要な書類
・請求書(窓口にございます)請求書(PDF:45KB)請求書(記載例)(PDF:52KB)
・旧氏が記載された戸籍から、現在の氏が記載された戸籍に至る戸籍謄本等
(戸籍謄本、戸籍抄本、除籍謄本、除籍抄本、改正原戸籍謄本、改正原戸籍抄本)
・本人確認書類
1.運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカード、在留カード
など官公署が発行した顔写真付の免許証、許可証、資格証明書等をご提示ください。
2.上記1の証明書等をお持ちでない場合は、国民健康保険等の被保険者証、年金手帳、
など官公署が発行した顔写真なしの証明書等を1点以上のほか、学生証やキャッシュ
カードなど民間企業等が発行した氏名等が記載されたもの2点以上を組み合わせてご
提示ください。
3.本人確認できるいずれかの証明書等をお持ちでない場合は、いくつか質問をさせて
いただき、ご本人であることを確認させていただきます。
・マイナンバーカードまたはマイナンバーの通知カード

(注意)旧氏を使用できる場面は、各制度を所管する省庁や民間企業などの
判断によりますので、あらかじめご確認ください。

旧氏併記について、詳しくは総務省ホームページ(外部リンク)をご覧ください。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市市民部行政情報センター市民課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5241

ファックス番号:017-734-5236

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?