グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 犬・ねこ・動物 > 不妊・去勢手術

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

不妊・去勢手術

一般に犬や猫は、多くの子どもを産み、あっという間に数が増えてしまうのに対し、きちんと世話をする人手や時間、空間的・経済的条件には限界があります。
飼主が責任を持って最後まで世話できる数以上の動物をかかえてしまうと、不衛生な状態になり、動物を苦しめるだけでなく、近所の人たちにも臭いや騒音などで迷惑をかけることになります。
また、現在、多くの犬や猫が飼う人がいないという理由で寿命を全うせずに死んでいく動物の問題を解決するためにも、かわいそうな犬・猫を増やさないようにしましょう。

不妊・去勢手術のメリット

動物の不妊・去勢手術は、かわいそうだという意見もあります。しかし、動物は本能で繁殖を行うことから、不妊・去勢手術も行わず、繁殖もさせないのは動物にとって大きなストレスとなります。
不妊・去勢手術を行うことは、望まない命を生み出さないだけでなく、繁殖に関するストレスから解放されるほか、次のようなメリットがあるといわれています。

犬の場合…

メス♀

オス♂

  • 病気の予防になる
    (子宮蓄膿症、乳腺腫瘍など)
  • 発情期の攻撃性の増加や防衛本能の増加による問題行動がなくなる
  • 妊娠・出産による母体への負担がなくなる
  • 病気の予防になる
    (前立腺肥大、肛門周囲腺腫瘍、会陰ヘルニアなど)
  • 攻撃性が低下する
  • 性格が穏やかになる
  • マーキングや吠え声が少なくなる

猫の場合…

メス♀

オス♂

  • 病気の予防になる
    (猫白血病、生殖器の病気など)
  • 発情時の異常な鳴き声を出さなくなる
  • 妊娠・出産による母体への負担がなくなる
  • オシッコをあちこちにひっかけることがほとんどなくなる
  • 攻撃性が低下し、ケンカが減る。
  • 事故やケンカが原因でうつるねこエイズ(ねこ免疫不全症候群)などの感染症が減る
  • 性格が穏やかになる
  • 家出が減り、交通事故が防げる

手術はいつしたらいいの?

何才でも手術は可能ですが、最初の発情の前に行えば、一生涯繁殖に関するストレスから解放され、安定した穏やかな生活を送らせることができます。
詳しくは、お近く、またはかかりつけの動物病院等でご相談ください。

参考・・・「あなただけにできること-動物の繁殖制限-」(外部サイトへリンク)(環境省パンフレット)

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 生活衛生課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-765-5288

ファックス番号:017-765-5283

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?