グローバルメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市民の声 検索 > 市民の声 検索結果 > 市民の声 公園でのバーベキュー及び飲酒について

ここから本文です。

市民の声 公園でのバーベキュー及び飲酒について

受付年月日 2017年9月27日
性別
年代
テーマ 公園でのバーベキュー及び飲酒について
分野 緑と公園
提言内容(要約)  わくわくランドの木製テーブルの場所で火気を使用し、バーベキュー及び飲酒をしている10人ほどのグループがいました。日曜の夕方でまだ子ども達も遊んでおり、そんな中、酔っているのかゴミが風で飛んでも放置、ロケット花火をするなどやりたい放題でした。青森市では、都市部のように公園での火気を禁止していないようですが、それはどのような方針なのでしょうか。
回答内容(全文)  公園は、主として自然的環境の中で、休息、鑑賞、散歩、遊戯、運動等のレクリエーション及び大地震・火災等の災害時の避難等の用に供することを目的とする公共空地であり、公共施設として誰もが安全・安心に利用できる市民共有の財産でありますことから、その利用方法については、他の公園利用者の迷惑とならないことが、社会通念上の大原則となっております。
 また、本市の都市公園における火気の取扱いについては、青森市都市公園条例において、「みだりに火気を扱うこと。」、「夜間(午後10時から日の出までの時間をいう。)において花火等をすること。」を禁止行為として規定しております。
 市では、このような一定のルールのもとに、他人の迷惑とならないことを大前提として、直火ではなくコンロ等を使用したバーベキューや花火を行う場としても公園をご利用いただいているところです。
 わくわくランドがある青森市スポーツ公園わくわく広場は、市が指定管理者により管理している公園で、ご意見にあるような他の公園利用者に対して迷惑となる行為については、毎日の園内の巡回の際に見かけた場合は注意をしており、また、注意を喚起する看板についても設置しているところです。
 今後におきましても、他の公園利用者に対して迷惑となる行為を見かけた際には注意をしてまいります。


【担当課:都市整備部公園河川課】
回答日 2017年11月14日

戻る