グローバルメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市民の声 検索 > 市民の声 検索結果 > 市民の声 地籍調査について

ここから本文です。

市民の声 地籍調査について

受付年月日 2017年5月12日
性別 男性
年代 70代以上
テーマ 地籍調査について
分野 都市整備・道路
提言内容(要約) (1)大矢沢字野田地区の地籍調査で所有地と隣接しながら立会の通知もなく、その後も一切連絡がないまま勝手に法務局に登記されていた。
(2)宮田字玉水については15筆の土地があり、隣地の人が見えず、市の担当者から何番地の土地はここかと聞かれたので、川の向こうも含まれると述べたのに担当者はそれ以来、私から離れてしまい、一か所も決めないまま、調査は終わりだと言う。私の筆界未定ですかの問えにも答えず去って行った。その後、一覧の通知もなく、しばらくしてから一部結線され法務局に登記されていた。
(3)孫内字山科については各自地権者と立会して図面ができたので、一覧の通知が来たが、終わってから登記ができないとの知らせに驚き、その理由を聞いたら法務局の公図と現況が違うからだという。
この件で青森市、県庁、法務局、国の機関、地権者など100回前後は青森市などに足を運んだ。どうか市長さんにメールを見せてください。たくさんある資料を市長さんに見せたい。よろしくお願いします。
回答内容(全文)  大矢沢字野田地区、宮田字玉水地区、孫内字山科地区の地籍調査事業につきましてはこれまで回答したとおりですのでご理解願います。
 地籍調査事業に関する事項は都市整備部用地課が担当しておりますので、直接ご相談くださいますようお願いします。


【担当課:都市整備部用地課】
回答日 2017年5月30日

戻る