グローバルメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市民の声 検索 > 市民の声 検索結果 > 市民の声 青森市営バスの深夜路線バス運行について

ここから本文です。

市民の声 青森市営バスの深夜路線バス運行について

受付年月日 2021年5月6日
性別 男性
年代 40代
テーマ 青森市営バスの深夜路線バス運行について
分野 交通機関
提言内容(要約)  青森市内では役所や民間企業を問わず、22時以降に就業が終了する職種が多々あります。それにもかかわらず、青森市営バスは22時前にバスの運行を終えてしまうのは早すぎると思います。公共交通機関が未整備な青森市では、青森市営バスが唯一の移動手段である人はいます。そんな人らは就業場所まで往復する手段が限られてしまい、職業の選択の幅が狭められていると感じている人もいると思われます。青森は車がないと生活ができないから住みたくない、青森から出ていくという人もたくさんいます。
 そこで、青森市営バスの最終バスの時間を0時まで延ばして、深夜路線バス事業を創設してほしいです。青森市営バスの運行業務を延長することにより、少なくとも運転手の雇用は増えるでしょう。夜間帯の人の移動が活発になると、新たに雇用が増えたりすると思います。ご一考のほどお願いいたします。
回答内容(全文)  この度は、貴重なご意見をいただきまして、感謝申し上げます。
 市営バスでは、通学・通勤・通院・買物など市民の皆様の足として、できるだけ多くのお客様のニーズに対応できるよう、効率的なバスダイヤを設定し運行しており、本年3月には「青森市自動車運送事業経営戦略(2021~2030)」を策定し、今後、人口減少などにより厳しい経営環境が見込まれる中、効率的で持続性のある経営基盤の構築を目指し、取組を進めているところです。
 深夜路線バス運行につきましては、将来的な利用者の見込やバス運行の効率などを踏まえた上、その必要性を検討してまいりたいと考えております。


【担当課:企業局交通部管理課】
回答日 2021年6月1日

戻る