グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 福祉 > 障がい福祉 > 障害福祉サービス等 > 入院時意思疎通支援

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

入院時意思疎通支援

内容

意思疎通が困難な障がいのあるかた等が医療機関に入院する際に、医療従事者との意思疎通の円滑化を図るため、日頃から本人を介護し、本人の意思を他者に伝えることができるホームヘルパーを意思疎通支援員として医療機関に派遣します。

支援の内容

入院時における医療従事者と障がい者等との意思疎通の仲介及びこれに伴う見守りとします。なお、見守りとして認められる時間は、説明と説明の間の短時間の見守りとします。

意思疎通支援員の派遣時間及び派遣日数

入院1回当たり120時間を上限とし、派遣日数は入院した日から30日以内とします。

対象者の要件

原則として、本市に住所を有する者で、次の全ての要件に該当するかた(施設入所及び共同生活援助を受けているかたを除きます。)とします。
1.障害支援区分4以上の認定を受けているかた(障がい児については、これに準ずるかたを含む。)
2.居宅介護、重度訪問介護または重度障害者等包括支援のサービスを現に利用しているかた
3.意思疎通が困難なかた
4.入院する医療機関からの要請及び承諾を受けているかた
5.単身の世帯に属するかた、または同居している家族等が障がい、疾病等で介護に制約がある世帯に属するかた

利用料

1時間につき150円、以後30分ごとに75円加算。

手続

(1)身体障害者手帳、愛護手帳(療育手帳)、精神障がい者保健福祉手帳または対象疾病(難病等)に罹患していることがわかる証明書(診断書または特定疾病医療受給者証
(2)意思疎通支援事業者・医療機関の承諾書
(3)印かん
  ※本人が氏名を手書き(自署)される場合は、不要です。
(4)身元確認のための書類
(5)番号確認のための書類
(6)代理人が手続される場合は、代理権が確認できる書類
(4)~(6)について、詳しくはこちら(PDF:389KB)をご覧ください。
をお持ちの上、窓口へお越しください。

※詳細については、「青森市入院時意思疎通支援事業について(PDF:186KB)」をご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市福祉部障がい者支援課 担当者名:障がい福祉チーム

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5327

内線:5161、5162、5163

ファックス番号:017-734-5329

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?