グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 福祉・健康 > 福祉 > 障がい福祉 > 障害福祉サービス等 > 障害者扶養共済制度

ここから本文です。

更新日:2015年2月2日

障害者扶養共済制度

内容

障がいのあるかたを扶養している保護者が、自らの生存中に毎月一定の掛金を納めることにより、保護者が死亡したり、重度障がいの状態となったとき、障がいのあるかたに終身一定額の年金を支給する制度です。

対象

  • (1)愛護手帳をお持ちのかた
  • (2)1~3級までの身体障害者手帳をお持ちのかた
  • (3)精神または身体に永続的な障がいのあるかた (精神病、脳性麻痺、進行性筋萎縮症、自閉症、血友病など)で、その障がいの程度が(1)または(2)のかたと同程度と認められるかた

保護者の要件

障がいのあるかたを現に扶養している保護者(父母、配偶者、兄弟姉妹、祖父母、その他の親族など)であって、次の全ての要件を満たしているかたです。

  • (1)市内に住所があること。
  • (2)加入時の年度の4月1日時点の年齢が満65歳未満であること。
  • (3)特別の疾病または障がいがなく、生命保険契約の対象となる健康状態であること。健康状態等によっては、この制度にご加入いただけない場合があります。

注意事項等

掛金の額は、加入時の年度の4月1日時点の加入者の年齢に応じて決まります。また、減免の制度もありますので、詳しくは窓口へお問い合わせください。

問合せ

所属課室:青森市福祉部障がい者支援課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5319

ファックス番号:017-734-5329

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?