グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 青森市はこんなまちです > わのまち青森 > 雪でとことん楽しめる

ここから本文です。

更新日:2015年7月8日

雪でとことん楽しめる

雪と氷が生んだ大迫力の冬景「八甲田の樹氷」

八(たくさん)の甲(たて)状の峰と多くの田代(湿原)を持つ「八甲田」は、日本百名山のひとつ。「スノーモンスター」と呼ばれる大きな樹氷をバックにウィンタースポーツを楽しんでみませんか。

八甲田の樹氷

四季の雄大な自然に圧倒される空中散歩「八甲田ロープウェー」

八甲田の林相を眼下に、田茂萢岳山頂までの約2,500メートルを10分で結びます。眼下に広がる八甲田の峰々と、それと溶け合うようにして続く陸奥湾の雄大な自然には、思わず圧倒されてしまいそう。山頂から樹氷群を一気に滑り降りるスキーの爽快感も格別です。新緑から紅葉そして樹氷と、季節ごとの美しさを楽しめます。

八甲田ロープウェー

住所:青森市大字荒川字寒水沢1-12
電話番号:017-738-0343
問合せ:八甲田ロープウェー
交通:JR青森駅からJRバス「十和田湖」行きで約80分、「八甲田ロープウェー駅前」下車すぐ
※冬季は「酸ヶ湯」行きとなり、本数が減りますので、ご注意ください。

 

 

春の到来を告げる雪壁「八甲田 雪の回廊」

毎年4月1日、八甲田の冬の眠りを覚ますのが、冬期閉鎖の国道103号「八甲田・十和田ゴールドライン」(酸ヶ湯・谷池)の開通です。開通後しばらくは、最高9メートルにも達する雪回廊のドライブを楽しむことができます。開通直前には、人気の「八甲田“雪の回廊と温泉”ウォーク」が開催されます。雪の回廊を歩き、純白の雪壁に触れながら、八甲田の春を体感できるこの時期だけの特別イベントです。

八甲田 雪の回廊

電話番号:017-723-4670
問合せ:青森市観光交流情報センター

電話番号:017-752-6311
問合せ:あおもり観光情報センター

「八甲田“雪の回廊と温泉”ウォーク」
電話番号:017-723-7211
問合せ:青森観光コンベンション協会

粉雪あびて滑走「八甲田スキーツアー」

ゲレンデを飛び出し、八甲田の大自然でスキーやスノーボードを滑る、心しびれる体験。山を知り尽くしたガイドと冬を遊びます。

八甲田スキーツアー

期間:12月上旬~翌5月上旬(予定)
料金:要問合
交通:JR青森駅よりバスで約90分
問合せ:
八甲田パーク 電話番号:017-738-8591
酸ヶ湯温泉 電話番号:017-738-6400
HOTEL Jogakura 電話番号:017-738-0658
八甲田山ガイドクラブ 電話番号:017-728-1511
八甲田リゾートホテル 電話番号:017-738-2233

 

初心者にもうれしいコースは家族に大人気「モヤヒルズスキー場」

モヤヒルズスキー場

初心者から上級者まで楽しめるゲレンデレイアウト。オフピステ(未圧雪コース)もあり、パウダースノーを楽しむことができます。市街地から近く、手ぶらでもレンタルセットで気軽にスキーを楽しむことができます。昼は陸奥湾、ナイタースキーでは青森市街の夜景を一望できる抜群のロケーションです。

住所:青森市雲谷字梨野木63
電話番号:017-764-1110
問合せ:モヤヒルズ

ふかふかの雪にワクワク八甲田山・田茂萢岳スノーシュートレッキング

経験や技術がなくても雪山を楽しみたいから、スノーシューに挑戦!山頂公園駅周辺、ふかふかの雪原を歩くだけでワクワクがつのります。
ウェア、手袋、帽子、ゴーグルなどは各自持参。

期間:1月10月~5月10日(3日前まで要予約)
時間:10時30分~11時30分、13時30分~14時30分(定員20人)
料金:3,400円(参加料、保険料、レンタル料、ロープウェー往復料金含む)
交通:JR青森駅よりバスで約60分
問合せ:八甲田ロープウェー
電話番号:017-738-0343

浅虫スノーハイキング

浅虫の冬の里山を散策するスノーハイキングは、大人から子どもまで楽しめる緩やかなコース設定。浅虫温泉街や陸奥湾を一望できるビューポイントや、小動物の足跡、野鳥などを観察できる場所もあります。汗を流した後は、開湯1200年の名湯・浅虫の湯で疲れを癒しリフレッシュ。

浅虫スノーハイキング

住所:青森市浅虫字蛍谷
電話番号:017-752-3250
問合せ:浅虫温泉観光協会
料金:参加料1,000円/レンタル料(道具一式)1,000円

 

 

 

雪を楽しむイベントも盛りだくさん!

寒くて厳しい青森の冬。こころが“ポッ”とあったかくなるような楽しいイベントに出かけてみませんか。

幻想的な温もり空間「あおもり雪灯りまつり」

幻想的な温もり空間「あおもり雪灯りまつり」キャンドルの灯りにこだわった市民参加型の手作りイベントです。
厳冬期の澄んだ空気に美しく優しく揺らぐ雪灯りが醸しだす雰囲気は、訪れた人々の心を魅了します。
手作りの雪灯りは3,000個です。市民の皆さんが一週間かけて一生懸命作ります。
また、イベント期間中はキャンドルホルダーに願いごとなどを描いて飾る「WISHキャンドル」体験も行いますので、ご家族おそろいでお越しください。

日時:1月下旬
場所:ねぶたの家ワ・ラッセ西の広場
問合せ:観光課
電話番号:017-734-5179

ねぶた師の技で彩る冬「あおもり灯りと紙のページェント」

ねぶた師の技で彩る冬「あおもり灯りと紙のページェント」ねぶたの技法でつくられた色彩豊かな和紙のオブジェと、市民手作りの小型オブジェ「雪だるま~る」がベイエリアを彩る灯りと紙のイルミネーションイベントです。
モノトーンの雪景色の中に、紙と光がおりなす陰影と鮮やかな色彩のコントラストが、幻想的な世界をつくりあげて、光の導線があなたを導きます。
雪だるま~るは毎年増え続けており、平成26年12月から平成27年2月は700個を展示点灯しました。一つ一つ個性的な雪だるま~るを全てチェックしてみてください。

日時:12月下旬~2月上旬 16時00分~21時00分
場所:青森ベイエリア遊歩道(A-FACTORY~ねぶたの家ワ・ラッセ~アスパム)
問合せ:青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
電話番号:017-735-8150

親子で楽しむ冬の市民祭「青森冬まつり」

親子で楽しむ冬の市民祭「青森冬まつり」市民に親しまれる冬のお祭り。毎年大人気の雪のすべり台や、棒パンコーナー、乗馬体験など多彩な催しで、子どもから大人まで楽しめます。

  • 雪の超大型すべり台
  • 出店コーナー
  • 棒パンコーナー
  • ステージイベント
  • 乗馬体験
  • 凧揚げ など

とき:1月下旬
場所:青い海公園(アスパム裏)
問合せ:青森観光コンベンション協会
電話:017-723-7211

ロマンティックナイトフェスティバ~ル♪「八甲田丸イルミネーション」

八甲田丸イルミネーション市民並びに全国の皆さんに愛され親しまれる、青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸。
その外観を色彩豊かなイルミネーションで彩ります
ねぶたの家ワ・ラッセ西の広場から眺めるも良し。アスパム裏から遠巻きに眺めるも良し。青森ベイブリッジから見下ろすも良し
いろいろな見方で、ロマンティックナイトをお楽しみください。

日時:12月下旬~1月下旬 16時00分~21時00分
場所:青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
問合せ:
観光課 電話番号:017-734-5179
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸 電話番号:017-735-8150

細野相沢冬物語

細野相沢冬物語雪深い山間の集落で、ろうそくとたき火の幻想的な雰囲気の中、おばあちゃんの手作り料理を堪能しながら、登山囃子や打ち上げ花火を楽しめます。

日時:2月上旬
場所:浪岡細野山の家前広場
問合せ:地域づくり振興課
電話番号:0172-62-1127

浪岡城落城記念やぶこぎ大会&前夜祭

浪岡城落城記念やぶこぎ大会今から436年前の天正6年、1578年に落城した浪岡城。
浪岡地区では、この落城を偲び、毎年、浪岡城跡を舞台に、雪やぶの中で遊ぶイベントを開催しています。
雪上競争や綱引き合戦、凧揚げ大会、宝探しゲームのほか、「中世なべ」の振る舞いなどを行います。
前夜祭の「雪女コンテスト~津軽物語~」では、「雪女」の衣装を着た出演者が、ステージ上でユーモアのあるパフォーマンスなどを行います。また、津軽の語り部による物語独奏会、浪岡高校日本音楽部による箏の演奏会などが楽しめます。

浪岡城落城記念やぶこぎ大会前夜祭日時:2月上旬
場所:浪岡城跡、中世の館
問合せ:中世の館
電話番号:0172-62-1020

 

 

問合せ

所属課室:青森市市民政策部広報広聴課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5106

ファックス番号:017-734-5103

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?