グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 青森市はこんなまちです > わのまち青森 > 温泉のまち青森市

ここから本文です。

更新日:2015年6月19日

温泉のまち青森市

八甲田の温泉に憩う

八甲田は、日本百名山の一つに数えられる火山群の総称です。
大岳、赤倉岳を中心とする北八甲田連邦と、櫛ヶ峰、駒ヶ峰、乗鞍岳を中心とする南八甲田連邦からなり、麓には、千人風呂が有名な酸ヶ湯など山のいで湯があちこちに湧出しています。

酸ヶ湯温泉 総ヒバ造り「千人風呂」

酸ヶ湯温泉

江戸時代に開湯した白濁のいで湯。広さ160畳、総ヒバ造りの「千人風呂」では、熱湯、冷えの湯、四分六分の湯などが楽しめます。その豊富な湧出量と効能などから、国民保養温泉、第一号指定。

住所:青森市荒川南荒川山国有林酸ヶ湯沢50
電話番号:017-738-6400
問合せ:酸ヶ湯温泉
交通:JR青森駅からJRバス「十和田湖」行きで約95分「酸ヶ湯温泉」下車、徒歩すぐ

城ヶ倉温泉

ブナの原生林に湯煙が漂ういで湯です。特に囲いのない露天風呂では、自然との一体感を体感できます。四季それぞれに森の美しさを楽しめますが、峰々を“錦”に染める紅葉は圧巻。

住所:青森市大字荒川八甲田山中 HOTEL Jogakura
電話番号:017-738-0658
交通:JR青森駅からJRバス「十和田湖」行きで約85分「城ヶ倉温泉」下車すぐ

寒水沢温泉

八甲田ロープウェー駅のすぐ近くにあり、八甲田スキー場を利用するスキーヤーに人気の温泉です。平成元年にオープンした八甲田地区の“穴場温泉”です。無色無臭の透明な泉質は美肌効果が期待でき、特に女性に人気です。

住所:青森市大字荒川字寒水沢1-58 八甲田リゾートホテル
電話番号:017-738-2233
交通:JR青森駅からJRバス「十和田湖」行きで約80「八甲田ロープウェー駅前」下車、徒歩3分

ふかし湯

古くから「子宝の湯」「若返りの湯」といわれる「ふかし湯」は、着衣のまま温泉蒸気が通る木箱に座って、お尻から体全体を温めるという温泉です。

電話番号:017-738-6400
交通:酸ヶ湯温泉から徒歩10分

東八甲田の温泉に憩う

ぬぐだまりの里 秘湯 八甲田温泉

八甲田温泉

田代平湿原のそばにある一軒宿。泉質の異なる温泉があり、一度に2つのお湯が楽しめます。特に、珍しいラムネ湯がおすすめ。硫黄泉で炭酸ガスの含有が透明の湯は、細かい炭酸の泡が肌にまとわりつく心地良さに、つい長湯になってしまいます。(冬季休業)

住所:青森市駒込字深沢766-2ぬぐだまりの里秘湯八甲田温泉
電話番号:017-738-8288
交通:青森市から県道40号線を南下、八甲田山中に入って、銅像茶屋を過ぎ9キロメートルほど

みちのく深沢温泉

ダケカンバとブナに囲まれた、山の中の素朴な温泉です。家庭的な温かい雰囲気があふれ、農閑期には、ひいきの人々が湯治に訪れます。

住所:青森市駒込字深沢650
電話番号:017-738-1464
交通:青森市から県道40号線を南下、八甲田山中に入って、銅像茶屋を過ぎ4キロメートルほど。看板をわき道に入る。

浅虫の温泉に憩う

青森の奥座敷、ねぶた発祥の地ともいわれ、開湯1200年余り。平安時代に発見されたいで湯と伝わり、藩政時代、津軽藩主も湯治に訪れた、全国でも屈指の歴史ある温泉です。

麻蒸湯札

麻蒸湯札

「麻蒸湯札(あさむしゆふだ)」(1,500円)は、浅虫温泉の旅館10軒、民宿2軒の中から3軒(もしくは3人)の湯殿をはしごできるお得なパスです。「麻蒸湯札」で湯めぐり。体も心も温まります。

1,000円で2軒(もしくは2人)の利用ができるパスもあります。

 

展望風呂が楽しめる「道の駅」ゆ~さ浅虫

「道の駅」ゆ~さ浅虫

陸奥湾に沈む夕日を眺めながら、温泉を堪能できる絶好のロケーション。風呂上りには、青森市の特産品「カシス」を使用した「黒房すぐりソフトクリーム」が人気で、温泉だけではなく、市場や地元の特産、土産品まで充実。ぶらりと立ち寄るというより、じっくり楽しみたい道の駅です。

住所:青森市浅虫字蛍谷341-19
電話番号:017-737-5151
交通:JR青森駅から青い森鉄道で20分「浅虫温泉駅」下車、徒歩1分。JR青森駅から市営バスで約60分「浅虫温泉駅」行き、または「浅虫水族館」行き、「道の駅ゆ~さ浅虫」下車

足湯で、温泉たまご待ち? 源泉公園混浴足湯

源泉公園混浴足湯

浅虫温泉街の奥に、無料で楽しめる混浴?足湯温泉があります。足を湯につけ、まったりと癒される間、脇にある大熱壷では、温泉たまごづくりが楽しめます。生卵やネットなどは、近所で販売していますので、手ぶらでどうぞ。大壷の隣の小壷は、飲泉が味わえます。また、浅虫温泉駅構内でも足湯が楽しめます。

住所:青森市大字浅虫字内野6
電話番号:017-752-2622
問合せ:浅虫温泉事業協同組合

浪岡の温泉に憩う

浪岡温泉

浪岡は古くからの「温泉」が数多くあることで知られ、特徴は、そのほとんどの温泉施設が湯量豊富なかけ流しで、褐色・薄褐色をしているというところ。ナトリウム成分を含んだお湯はツルツルとした感触でとてもよく温まると評判で、広い休憩室を備えた施設も多く、地元の人のみならず遠方から入りにくる方々もいらっしゃいます。

 

街中の温泉・銭湯

街中には、約60の温泉や銭湯があり、市民のふれあいの場となっています。

街中の温泉・銭湯

青森市内には温泉・銭湯が数多く、温泉の種類も豊富。昔の銭湯といえば広い湯船、富士山の絵をイメージする人も多いでしょうが、今ではサウナ付きや打たせ湯があるなどイメージもずいぶん変わってきました。昔ながらの銭湯もあり懐かしさを感じるところもあります。青森駅前から徒歩で行ける温泉もあり、遠くまで出かけずに近場で天然温泉に入ることができます。

 

問合せ

所属課室:青森市市民政策部広報広聴課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5106

ファックス番号:017-734-5103

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?