グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 青森市のまちづくり > 地域コミュニティ、NPO・ボランティア > まちづくり協議会 > 横内地区まちづくり協議会をご紹介します

ここから本文です。

更新日:2017年3月8日

横内地区まちづくり協議会をご紹介します

平成28年度の主な活動

ミニかまくらdeよこうち雪灯り(2月26日)

自分たちの手で地域をさらに楽しい場所に変えていこうと、横内市民センター前にミニかまくらや雪灯籠を作るイベントを開催しました。協議会メンバーや地域の子どもたち約50人が雪の降る中、バケツやのこぎりを使いながら丹精を込めて作りました。午後5時からは青森中央学院大学の学生も参加し、約250個のキャンドルに点灯しました。日が暮れると、会場は優しく温かい灯りに包み込まれ、雪とキャンドルが織り成す幻想的な空間を作り出していました。

290226【横内】雪灯り(その1)
バケツで固めた雪への穴あけ作業

290226【横内】雪灯り(その2)
キャンドルに点灯する子どもたち

290226【横内】雪灯り(その3)
学生もキャンドル点灯に参加

290226【横内】雪灯り(その4)
横内市民センター前に飾られたミニかまくらや雪灯籠

290226【横内】雪灯り(その5)
優しい光を放つキャンドル

290226【横内】雪灯り(その6)
キャンドルカラーに光るミニかまくら

認知症サポーター養成講座(2月14日)

認知症のかたを地域で支えていくために、横内市民センターで認知症サポーター養成講座を開催し、地域の方々や学生など約20名が参加しました。講師は、医療法人芙蓉会総合ケアセンターさんらくの認知症キャラバンメイトが務め、DVDや教材を使ってわかりやすく解説しました。また、認知症のかたに対する接し方の具体例を表現した寸劇も行われ、参加した皆さんは認知症についての理解を深めていました。

290214【横内】認知症サポーター養成講座(その1)

講座の様子

290214【横内】認知症サポーター養成講座(その2)

寸劇の様子

キャンドル作り体験(12月11日)

クリスマスを自作のキャンドルで盛り上げようと、小学生(高学年)を対象にキャンドル作り体験を開催しました。キャンドル作りには12名の小学生が参加し、2色キャンドル、瓶入りキャンドル、デコレーションキャンドルの3種類のキャンドルを作りました。参加した子どもたちは、好きな色のロウを紙コップや瓶に流し込んで、完成を心待ちにしていました。また、粘土キャンドルを使って細かくデコレーションされたキャンドルの出来栄えに、スタッフは驚いた様子でした。

281211【横内】キャンドル作り体験(その1)
キャンドル作りをサポートする協議会メンバー

281211【横内】キャンドル作り体験(その2)
好きなポプリやブロックロウを選ぶ子ども達

281211【横内】キャンドル作り体験(その3)
完成したキャンドルと一緒に集合写真

281211【横内】キャンドル作り体験(その4)
デコレーションキャンドル

留学生と小学生との異文化交流(11月12日)

青森中央学院大学の留学生(ベトナム・中国・マレーシア)と横内小学校低学年の児童との異文化交流会を開催しました。留学生から自国の挨拶や風習等を紹介していただき、参加者全員で各国のポピュラーなゲームをして盛り上がりました。子ども達からは笑顔があふれ、「留学生が好きになった」や「とても楽しかった」等の感想をいただきました。

kouryuukaisitugioutou betonamu

各国の紹介及び質疑応答

ベトナムの遊びで触れ合う参加者

地域資源の再確認(10月16日)

地域の観光資源の大切さを再認識するため、地域のかたや青森中央学院大学のベトナムからの留学生らが参加し、合子沢記念公園や八甲田山田茂萢岳の山頂公園などを散策し、併せて清掃活動も行いました。
清掃活動では、八甲田ロープウェーのスタッフや観光客から、「ごみを拾ってくれてありがとう」と感謝の言葉をいただきました。

281016【横内】観光資源視察&清掃(その1)
山頂広場で集合写真

280925【横内】地域力アップ講座(その1)
田茂萢岳でごみ拾い

地域力アップ講座〔横内市民センターと共催〕(9月25日)

「郷土の偉人『千葉惣四郎』惣四郎堰を巡る」と題して、約220年前に周辺の農地を守るため、親子2代にわたって用水路の整備に尽力した千葉惣四郎の石碑や墓石、用水路を巡るとともに、当時の時代背景などについて学ぶ講座を開催しました。

280925【横内】地域力アップ講座(その1)
墓石を見学(大矢沢共同墓地内)

280925【横内】地域力アップ講座(その2)
石碑を見学(大矢沢)

大学連携事業〔学園祭〕(9月17日~18日)

青森中央学院大学など4校合同の学園祭において、まちづくり協議会メンバーと大学関係者、学生らが協力し、横内地区の『がっぱら餅』のPRや健康チェックを行いました。

280917学園祭(その1)
がっぱら餅PRコーナー

280917学園祭(その2)
健康チェックコーナー

健康ウォーキング教室(6月18日・7月3日・7月10日)


健康ウォーキング教室を3回開催し、1回目の6月18日は横内市民センターでウォーキングの基本について学び、2回目の7月3日には同センターから横内浄水場周辺を、3回目の7月10日にはクア(健康)の道として認定された浅虫森林公園や砂浜を歩いてドイツ式健康ウォーキング(健康チェックを行いながら、年齢や体力に合わせて歩く)を体験しました。
※1回目と2回目は、横内市民センターとの連携事業として開催しました。

280703【横内】ウォーキング教室(その1)
ウォーキング前の健康チェック

280703【横内】ウォーキング教室(その2)
横内浄水場付近をウォーキング

 

平成27年度の主な活動

ごみ分別講座(11月8日)

市の清掃管理課から講師を招き「正しいごみの出し方」に関する講座を開催しました。11月から始まった「指定ごみ袋」に関する話やごみの分別方法などについて、地元住民の皆さんが説明に耳を傾けていました。

ごみ分別講座1
市の清掃管理課による講座

ごみ分別講座2
講座を熱心に聞く参加者の皆さん

「横内市民センターまつり」への参加(10月31日)

横内市民センターまつりに「横内地区まちづくり協議会」のメンバーも参加しました。9月から始まった健康チェックブースを会場内に設け地域住民の健康測定を行ったり、青森中央学院大学の留学生がもちつき大会に参加するなど、まつりを大いに盛り上げました。

横内市民センターまつり1
青森中央学院大学の留学生がもちつき大会に参加

横内市民センターまつり2
医療法人芙蓉会のご協力による健康チェック

横内地区クリーン作戦(10月18日)

横内地区水辺サポーターと合同で、地域のかた、医療法人芙蓉会のかた、青森中央学院大学の学生など約40人が参加し、3チームに分かれて牛館川周辺の清掃を行いました。川の土手や草むらなど人目につかない所にごみが多く落ちていました。

クリーン作戦(その1)
クリーン作戦(その1)

クリーン作戦(その2)
クリーン作戦(その2)

横内浄水場・水源地視察(10月11日)

日本一おいしい水の源である横内川の水を活用した事業化を検討するため、協議会の運営委員約30人が横内浄水場や水源地などを視察しました。参加者からは、横内浄水場の職員から説明を聞いて、「改めて横内川のきれいさや水の豊かさを知ることができた。」「資源を大切に守っていかなければならないと思う。」「以前、植樹した木々に会えて感激した。」といった声が寄せられました。

横内浄水場
横内浄水場

水源地
水源地

大学連携事業〔学園祭〕(9月19日~20日)

青森中央学院大学など4校合同の学園祭において、横内地区の『がっぱら餅』のPRや健康チェックを行いました。
模擬店ブースでは、横内地区で昔から食べられていた伝統のおやつ『がっぱら餅』を、地域のお母さんたちと学生さんが一緒に作って、来場されたかたに試食してもらいました。
また、健康チェックブースでは、横内地区まちづくり協議会の活動に、地元企業として参画している医療法人芙蓉会のかたや、地域の大学として教職員や学生がまちづくり活動に参画している青森中央学院大学から、看護学科の学生が協力して、来場されたかたの健康チェックを行いました。なお、この健康チェックは、会場を変えながら毎月開催する予定となっています。

模擬店ブース
模擬店ブース

がっぱら餅作り
がっぱら餅作り

がっぱら餅
がっぱら餅

スコーン作り
スコーン作り

健康チェックブース(その1)
健康チェックブース(その1)

健康チェックブース(その2)
健康チェックブース(その2)

報告会《地域計画(たたき台)のお披露目&メンバー募集》(7月26日)

青森中央学院大学2号館1階学生ラウンジを会場に、約40人が参加し、「自分が参画したい取組」「今年できると、来年できること」について話し合いました。参加者からは、今年できる取組として、「Facebook開設」「イベントカレンダー制作」「青森中央学院大学の学園祭との連携事業」など、来年できる取組として、「フリーマーケット・収穫祭の開催」「イルミネーションプロジェクト」「雪の活用方法を考えるワークショップ開催」などの意見が出されました。
今後、これらの意見を参考に、横内地区まちづくり協議会で地域計画を策定し、計画に基づく、平成27年度事業計画・平成27年度予算を決定し、事業実施に取り組んでいきます。

報告会(その1)
報告会(その1)

報告会(その2)
報告会(その2)

報告会(その3)
報告会(その3)

報告会(その4)
報告会(その4)

ワークショップ《具体的な取組を考えよう!》(6月21日)

青森中央学院大学2号館1階学生ラウンジを会場に、約40人が参加し、「自分たちが責任をもって作りたい、10年後の横内の姿」「地域のつながりを作るため、横内の良さを活用して我々ができる取組」について話し合いました。参加者からは、「横内地区合同イベントの開催」「地域の見守り体制構築」「横内地区をPRするための地域の魅力情報発信」などについて取り組んでみてはどうかという意見が出されました。
今後、これらの意見を参考に、横内地区まちづくり協議会で地域計画(素案)として取りまとめ、7月26日に開催する報告会において、地域計画(素案)をお披露目し、同協議会で一緒に活動していただける会員を募集することとしています。

ワークショップ(その1)
ワークショップ(その1)

ワークショップ(その2)
ワークショップ(その2)

ワークショップ(その3)
ワークショップ(その3)

ワークショップ(その4)
ワークショップ(その4)

ワークショップ《地域の課題を考えよう!》(5月17日)

青森中央学院大学2号館1階学生ラウンジを会場に、約40人が参加し、「日頃、地域で困っていること」「近所の人が困っていること」「ほかの地域がうらやましいこと」について話し合い、地域の課題を考えました。参加者からは、「地域のつながりが希薄化」「地域での祭りが少ない」「買い物・バスが不便」など多くの意見が出されました。

ワークショップ1
ワークショップ(その1)

ワークショップ2
ワークショップ(その2)

ワークショップ3
ワークショップ(その3)

ワークショップ4
ワークショップ(その4)

まち歩き探検団・ワークショップ《地域の魅力をもっと知ろう!》(4月26日)

今回は約60人が参加し、地域の魅力をもっと知るため、横内地区をバスで巡り、「八甲田憩いの牧場」「横内浄水場」「常福院」を見学し、地域の魅力や資源を実際に見て歩きました。
また、まち歩き終了後、青森中央学院大学2号館1階学生ラウンジを会場に、横内地区の地域資源の魅力について話し合いました。参加者からは、「日本一おいしい水がある」「温泉が多い」「山菜の宝庫」など多くの意見が出されました。

まち歩き(その1)
まち歩き(その1)

まち歩き(その2)
まち歩き(その2)

まち歩き(その3)
まち歩き(その3)

ワークショップ(その1)
ワークショップ(その1)

ワークショップ(その2)
ワークショップ(その2)

ワークショップ(その3)
ワークショップ(その3)

 

平成26年度の活動

キックオフミーティング《まちづくりに向けた打合せ・交流会》(3月8日)

横内地区を住みよいまちにしていくためのまちづくりの始まり(キックオフ)として、青森中央学院大学2号館3階アクティブラーニング室で、キックオフミーティングを開催しました。
舘山義光会長の趣旨説明のあと、約90人が参加したワークショップでは、10年後の横内地区のありたい姿(ビジョン)について話し合い、「日本一おいしい水を原料とした特産品開発」や「産直市の開催」、「世代間で楽しく交流できる場づくり」などたくさんのアイデアが出されました。
〔ファシリテーター:青森中央学院大学経営法学部 佐藤淳 専任講師〕

ワークショップ(その1)
ワークショップ(その1)

ワークショップ(その2)
ワークショップ(その2)

ワークショップ(その3)
ワークショップ(その3)

ワークショップ(その4)
ワークショップ(その4)

ワークショップ(その5)
ワークショップ(その5)

ワークショップ(その6)
ワークショップ(その6)

 

横内地区まちづくり協議会

横内地区まちづくり協議会は、地域住民・団体の参画と、相互の交流・連携・協働により、地域力を最大限に発揮できる、豊かで活力ある住みよい地域をつくることを目的に、平成27年1月21日に設立しました。

【地域のスローガン】
『人と人がつながる やさしいまち・よこうち』

設立総会(平成27年1月21日:横内市民センター)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市市民政策部市民協働推進課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5231

ファックス番号:017-734-5232

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?