グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > くらしのガイド > ごみ・リサイクル・し尿 > 令和2年4月1日から青森地区でエアゾール缶(スプレー缶等)・カセットボンベを捨てるときは穴を開けずに回収容器へ

ここから本文です。

更新日:2020年2月12日

令和2年4月1日から青森地区でエアゾール缶(スプレー缶等)・カセットボンベを捨てるときは穴を開けずに回収容器へ

家庭での穴開けによる事故防止のため、令和2年4月1日から、青森地区でエアゾール缶(スプレー缶等)・カセットボンベを捨てるときは、

燃えないごみの日に、穴を開けずにオレンジ色の回収容器へ入れてください。

オレンジコンテナ(横)

他都市において、風通しの悪い場所で大量にスプレー缶等の穴開けを行ったことが原因とみられる大規模な事故が発生しています。

また、スプレー缶等の中身が残っていたり、他の燃えないごみが入った袋に一緒に入れるなどして収集場所に出すと、収集場所やごみ収集車、清掃工場で火災が起こる可能性があり大変危険ですので、下記を参考に適正排出に御協力をお願いいたします。

 

令和2年4月1日からの捨てかた

1.中身をつかいきる

製品の中身を必ず使いきり、空の状態にしてください。

ガス抜きキャップがあるものは、使用方法をよく読んでから使用してください。

スプレー缶1

カセットボンベは、カセットこんろでお湯を沸かすなどして、使い切ってください。

2.穴を開けない

中身を使いきった缶には穴を開けないでください。

穴開けにバツ印

3.袋などに入れず、そのまま燃えないごみの収集日にオレンジ色の回収容器へ入れる

複数本あっても袋などに入れずに、燃えないごみの収集日に、収集場所にあるオレンジ色の回収容器へ入れてください。

オレンジコンテナ(上)

捨てる際の注意点

  • 必ず使いきる。
  • 缶には穴を開けない。
  • 袋などに入れず、そのままオレンジ色の回収容器へ入れる。
  • 「他の燃えないごみ」が入った袋には一緒に入れない。

中身を使いきることができない場合

どうしても中身を使いきることができない場合は、製品に記載してあるお客様相談室などにお問合せいただくか、駅前庁舎3階清掃管理課に持参してください。

穴を開けたスプレー缶等について

令和2年4月1日以降、穴の開いたスプレー缶等も回収しますが、大変危険ですので、火気のあるところや風通しの悪い場所で、スプレー缶等の穴開けは絶対に行わないでください。

関連リンク

 

問合せ

所属課室:青森市環境部清掃管理課 

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-718-1179

ファックス番号:017-718-1187

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?