グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > くらしのガイド > ごみ・リサイクル・し尿 > 市の取組 > 青森市ごみ問題対策市民会議

ここから本文です。

更新日:2021年7月30日

青森市ごみ問題対策市民会議

青森市ごみ問題対策市民会議

「青森市ごみ問題対策市民会議」は、ごみ問題に対する実践活動を通じて、地域のコミュニケーションを図りながら、明るくきれいな住みよいまちづくりを推進することを目的に、昭和60年11月、青森市内の全町会と賛同する各種団体等により設立されました。また、平成17年4月の市町合併に伴い、浪岡地区の全町内会が浪岡ブロックとして参加しています。
市内における清掃活動の実施のほか、清掃施設見学会などを通じて、ごみの減量化、資源の有効活用、分別の徹底、不法投棄の防止など、市民のごみ問題に対する意識の啓発を行っています。

令和3年度の活動内容

市民一掃きデー

市民の清掃意識の高揚と、きれいな住みよいまちづくりを目指し、4月から10月の間、毎月「市民一掃きデー」として、道路や公園など公共の場所の清掃活動を行います。

※開催のお知らせや、前年度の詳しい開催内容はこちら

おもてなしクリーンキャンペーン

本市を訪れるお客様を気持ちよくお迎えし、「青森へ来てよかった、また来てみたい」と感じていただけるような「明るく住みよいまちづくり」を目指すとともに、おもてなしの心の醸成を図ることを目的として、サークルブロック及び周辺ブロックと合同で清掃活動を行います。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、令和3年度おもてなしクリーンキャンペーンを中止いたします。

各種会議

幹事会(決議があったものとみなされた日 令和3年5月7日)

新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、例年どおりの会議の開催による審議ではなく、郵送による書面決議としました。

  • 幹事会の決定事項である「令和3年度収集場所優良町会等表彰、個人及び団体表彰、有価資源物回収団体表彰受賞者(案)」について審議し、決定しました。
  • 総会提出議案である「令和2年度事業報告及び収支決算」及び「令和3年度事業計画(案)及び収支予算(案)」、「監事の選任(案)」について審議し、総会提出の承認をいただきました。

総会(決議があったものとみなされた日 令和3年5月21日)

新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、例年どおりの会議の開催による審議ではなく、郵送による書面決議としました。

  • 収集場所の維持管理やごみの出し方が良く守られている町会、地域の清掃奉仕やごみの減量化に努めている者・団体を郵送により表彰しました。
  • ・収集場所優良町会等表彰:6町(内)会・自治会
    ・個人表彰:46名
    ・団体表彰:4団体
    ・有価資源物回収団体表彰:10団体
  • 令和2年度事業報告及び収支決算について報告しました。
  • 令和3年度事業計画(案)及び収支予算(案)について審議され、可決されました。
  • 監事の選任(案)について審議され、可決されました。

もったいないを考える日~3Rを実践するには~

毎年10月の3R推進月間を機会に、青森市のごみの排出状況を捉えながら、ごみ出しルールを再確認するとともに、家庭でできる3Rを学ぶことにより、「もったいない」という意識の醸成を図ります。

【実施予定時期】 令和3年10月 サークルブロック対象

清掃施設見学会

ごみ処理及び資源リサイクルへの理解を深めるため、清掃施設の見学会を実施します。

【実施予定時期】令和3年9月 東部ブロック対象
【見学予定施設】資源ごみリサイクル施設「ECOプラザ青森」

ごみ出しルール向上推進事業

地域におけるごみ出しルールの周知、マナーの向上を推進する人材を育てることを目的に、講習会を開催します。

【実施予定時期】令和3年9月
【対象ブロック】南部ブロック、北部ブロック

集団回収団体づくり普及促進事業

各地域や団体などの市民に対して、集団回収を活性化するため、「広報あおもり」や会報「せいそう」への記事掲載及び各種講習会を通じて啓発活動を行います。

会報「せいそう」の発行

会報「せいそう」を発行し、各町(内)会、自治会、サークルに送付します。

kaihouseisou86

 

第86号(令和3年7月1日発行)(PDF:1,941KB)

 

  • 令和3年度青森市ごみ問題対策市民会議 表彰者
  • 青森市の可燃ごみ排出量
  • 集団回収、始めませんか
  • いろいろ実践!生ごみ、食品ロス削減
  • リチウムイオン電池などの充電式電池は収集場所に出さないでください!
  • 待ったなし!プラスチックごみ対策

ごみ減量化事業

ごみの減量化を推し進めるため、青森市ごみ問題対策市民会議と青森市とで連携したごみの減量化事業を実施します。

1 ごみ減量化モデル交付金

青森市内のごみの発生抑制や再使用、再利用などのごみの減量化・資源化につながる取組を活発にすることを目的として、市民生活に、事業効果が高い取組に対して交付金を交付します。
各町(内)会は、下記の様式を使用してください。

申請書の提出期限:令和4年2月10日(木曜日)必着

交付金様式

申請様式

ごみ減量化モデル交付金交付申請書(ワード:24KB)
活動費等支払見積明細書(ワード:25KB)

実績報告様式(交付決定後)

ごみ減量化モデル交付金実績報告書(ワード:23KB)
活動費等受領書(エクセル:11KB)
ごみ減量化モデル交付金交付請求書(ワード:28KB)
 

2 ごみ減量化・資源化に対する意識啓発

(1)スポーツクラブと連携した意識啓発
(2)イベント参加による周知

3 生ごみ減量化促進事業

(1)「あおもり素材まるごとエコごはん」の開催
(2)エコごはん料理教室
(3)塵芥収集車によるラッピングPR
(4)電気式生ごみ処理機の無償貸出
(5)食品ロスモニターの実施

令和2年度の活動内容

市民一掃きデー

市民の清掃意識の高揚と、きれいな住みよいまちづくりを目指し、4月から10月の間、毎月「市民一掃きデー」として、道路や公園など公共の場所の清掃活動を行います。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止のため、令和2年度市民一掃きデーを中止いたします。
 

※再開のお知らせや、前年度の詳しい開催内容はこちら

おもてなしクリーンキャンペーン

本市を訪れるお客様を気持ちよくお迎えし、「青森へ来てよかった、また来てみたい」と感じていただけるような「明るく住みよいまちづくり」を目指すとともに、おもてなしの心の醸成を図ることを目的として、サークルブロック及び周辺ブロックと合同で清掃活動を行います。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止のため、令和2年度おもてなしクリーンキャンペーンを中止いたします。

各種会議

幹事会(決議があったものとみなされた日 令和2年5月8日)

新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、例年どおりの会議の開催による審議ではなく、郵送による書面決議としました。

  • 幹事会の決定事項である「令和2年度収集場所優良町会等表彰、個人及び団体表彰、有価資源物回収団体表彰受賞者(案)」について審議し、決定しました。
  • 総会提出議案である「令和元年度事業報告及び収支決算」及び「令和2年度事業計画(案)及び収支予算(案)」、「監事の選任(案)」について審議し、総会提出の承認をいただきました。

総会(決議があったものとみなされた日 令和2年5月21日)

新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、例年どおりの会議の開催による審議ではなく、郵送による書面決議としました。

  • 収集場所の維持管理やごみの出し方が良く守られている町会、地域の清掃奉仕やごみの減量化に努めている者・団体を郵送により表彰しました。

    ・収集場所優良町会等表彰:12町(内)会・自治会
    ・個人表彰:39名
    ・団体表彰:7団体
    ・有価資源物回収団体表彰:10団体
     
  • 令和元年度事業報告及び収支決算について報告しました。
  • 令和2年度事業計画(案)及び収支予算(案)について審議され、可決されました。
  • 監事の選任(案)について審議され、可決されました。

もったいないを考える日~エコプラザ青森見学会~

ごみ処理及び資源リサイクルへの理解を深めるため、清掃施設の見学会をしました。

[実施日時]令和2年11月24日(火曜日)10時00分~
[見学施設]エコプラザ青森
[対象ブロック]浪岡ブロック、サークルブロック
[参加者]8人

ごみ出しルール向上推進事業

地域におけるごみ出しルールの周知、マナーの向上を推進する人材を育てることを目的に、講習会を開催しました。

〔実施日時・場所]
令和2年10月22日(木曜日)中央市民センター 大会議室 15時00分~
令和2年10月28日(水曜日)東部市民センター 大会議室 (1)10時00分~ (2)13時30分~
令和2年11月13日(金曜日)中央市民センター 大会議室 10時00分~
[対象ブロック]東部ブロック、中部ブロック
[参加者]105人

集団回収団体づくり普及促進事業

各地域や団体などの市民に対して、集団回収を活性化するため、「広報あおもり」や会報「せいそう」への記事掲載および各講習会を通して啓発活動を行います。

会報「せいそう」の発行

会報「せいそう」を発行し、各町(内)会、自治会、サークルに送付します。 

会報せいそう第83号

第83号(令和2年7月1日発行)(PDF:2,460KB)

  • 令和2年度青森市ごみ問題対策市民会議 表彰者
  • 発熱・発火等の危険性があるため電池等は適切に捨てましょう!
  • 今日から始めよう。家庭で「食品ロス」減量。
  • 7月1日レジ袋有料化スタート マイバックを持ち歩こう

会報せいそう第84号
第84号(令和2年12月1日発行)(PDF:1,302KB)

  • 青森市の可燃ごみ排出量
  • 紙類はリサイクルしよう!(雑がみ回収袋を作ってみよう)
  • 食品ロスを削減しよう!
  • リチウムイオン電池などの充電式電池は収集場所に出さないでください!
  • 集団回収、始めませんか
  • ペットボトルはキャップとラベルを剥がして出しましょう
  • 不法投棄は犯罪です!発見したらご連絡を!

会報せいそう第85号
第85号(令和3年2月1日発行)(PDF:2,286KB)

  • エコル・ハナと一緒に3Rを実践しよう!
  • あおもり素材まるごとエコごはん
  • 片付けごみ・引っ越しごみ・粗大ごみは正しく捨てましょう
  • ごみ収集場所の新設・移転等は事前にご相談ください
  • 「その他のプラスチック」にカミソリ等を入れないで!
  • 食品ロスを削減!食品ロスダイアリーを実施しました

 

ごみ減量化事業

ごみの減量化、特に可燃ごみに関して一層の減量化を推し進めるため、青森市と連携したごみの減量化事業を実施します。

1 ごみ減量化モデル交付金

青森市内のごみの発生抑制や再使用、再利用などのごみの減量化・資源化につながる取組を活発にすることを目的として、市民生活に、事業効果が高い取組に対して交付金を交付します。
各町(内)会は、下記の様式を使用してください。

申請書の提出期限:令和3年2月12日(金曜日)必着 

交付金様式

申請様式

実績報告様式(交付決定後)

 2 ごみ減量化・資源化に対する意識啓発

(1)スポーツクラブと連携した意識啓発

 青森市のスポーツクラブ「青森ワッツ」と「ラインメール青森FC」と連携して、折りたたみエコバッグを作成しました。新型コロナウイルス感染症の状況をみて、イベント等で配布していきます。

R2エコバッグ

(2)イベント参加による周知

令和2年12月5日(土曜日)・6日(日曜日)の2日間にわたって、サンロード青森にて開催された「食べて健康×台湾フェア」の来場者に、ごみの減量化に役立つ雑紙回収袋や、食品ロスの削減に役立つエコグッズ等を配布しました。

3 食品ロスの削減

(1)「あおもり素材まるごとエコごはん」の開催

料理研究家のきじまりゅうたさんを迎え、きじまさんが考案した青森市民が手軽に入手できる食材をまるごと使用した「家庭にも環境にもやさしいエコごはん」を実演するイベントを開催しました。

●食べて健康×台湾フェア「素材まるごとエコごはん」
 〔開催日・場所〕令和2年12月5日(土曜日)・6日(日曜日) サンロード青森
R2素材まるごとエコごはん

(2)エコごはん料理教室の開催

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止のため、エコごはん料理教室の開催を中止しました。

(3)塵芥収集車によるラッピングPR

ごみの分別に関心を持ってもらうため、走る広報として塵芥収集車にごみ分別をPRするラッピングを行いました。
R2パッカー車

(4)電気式生ごみ処理機の無償貸出

家庭から出る生ごみの削減と、電気式生ごみ処理機の普及を図るため、電気式生ごみ処理機を無償貸出を行っています。

(5)食品ロスモニターの実施(新規)

サークルブロックや市の職員を対象として、食品ロスの発生を記録する食品ロスダイアリーを実施しました。
結果はこちらです。

 

青森市ごみ問題対策市民会議組織図

組織図

令和元年6月1日現在:407町(内)会、6サークル

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市環境部清掃管理課 

青森市新町一丁目3-7 駅前庁舎3階

電話番号:017-718-1179

ファックス番号:017-718-1187

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?