グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > ごみ・リサイクル・し尿 > ごみの分別 > カセットボンベ・スプレー缶は必ず風通しのよい、火の気のない「屋外」で適正な方法で空にしましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年12月28日

カセットボンベ・スプレー缶は必ず風通しのよい、火の気のない「屋外」で適正な方法で空にしましょう!

ガスの残ったカセットボンベ・スプレー缶を、不適正な方法で処理したことによる火災が全国で発生しています。
カセットボンベ・スプレー缶を屋内でガス抜きしたり、ガスの残っている缶をそのままごみに出したりすることは、火災・爆発事故の原因となります。

次の排出方法を必ず守りましょう。

カセットボンベ・スプレー缶の出し方5ステップ

1 缶を空にする

製品を使いきって、缶を空にしましょう。

2 使いきったら缶を振って空になったか確認!

缶を振って音を聞いてください。
中身が残っていると「シャカシャカ」「チャプチャプ」などの音がします。

缶を振って空になったか確認 

3 火の気のない風通しの良い屋外でガスを出す!

必ず火の気のない風通しの良い屋外で、「シュー」という音がしなくなるまでスプレーボタンを押して中身を出しきってください。
(屋内だと、近くの火気や静電気で引火することがあり危険ですので絶対に止めてください)
ガス抜きキャップが装着されている場合は、キャップを使用してください。
この際、ティッシュや新聞紙等に吹き付けるなど、周囲への飛散に注意してください。

ガスを出しきる ガス抜きキャップで抜く 風通しのよい屋外で

ガス抜きキャップの使い方は「一般社団法人日本エアゾール協会」ホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク)

4 青森地区は火の気のない風通しの良い屋外で穴を開ける

青森地区のかたは、火の気のない風通しの良い屋外で穴を開けてください。

5 「不燃ごみ」としてごみに出す

他の不燃ごみと一緒にせず、不燃ごみの収集日に家庭ごみの収集場所にある専用の回収容器へ入れましょう。

※どうしてもガスを抜けない場合、青森地区のかたは駅前庁舎(アウガ3階)清掃管理課に持参してください。
※出し方が分からないかたは、清掃管理課(電話017-718-1179)へお問合せください。

スプレー缶について

スプレー缶には、内容物のほか、気化した液化ガスまたは圧縮ガスが入っています。
内容物を外に放出させる役割を持つこれらのガスには、可燃性のものがあります。
そのため、屋内でガス抜きしたり、ガスの残っている缶をそのままごみに出したりすることは、火災・爆発事故の原因となります。

 

スプレー缶の仕組みと注意喚起

 

問合せ

所属課室:青森市環境部清掃管理課  担当者名:廃棄物・リサイクルチーム

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-718-1179

ファックス番号:017-718-1187

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?