グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 福祉・健康 > 生活困窮者自立支援制度 > 令和3年9月末までの間、住居確保給付金の支給が一旦終了したかたに対して、3か月間の再支給が可能となりました

ここから本文です。

更新日:2021年6月30日

令和3年9月末までの間、住居確保給付金の支給が一旦終了したかたに対して、3か月間の再支給が可能となりました

「住居確保給付金」は、離職や自営業の廃業、または休業等に伴う収入の減少により、経済的に困窮し、住居を喪失したかたまたは住居を喪失するおそれのあるかたに対し、一定期間、家賃相当額を自治体から家主さんに支給するものですが、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた特例措置として、令和3年9月30日までの間、住居確保給付金の支給が一旦終了したかたに対して、3か月間に限り再支給できることとなりました。

  • 再支給に当たっては、世帯収入や求職活動などの要件があります。詳しくは、下記にお問合せください。

住居確保給付金のご案内(チラシ)(PDF:211KB)

お問合せ先

  • 住居確保給付金に関する相談は、青森市社会福祉協議会「青森市自立相談支援窓口」にお問合せください。

青森市では、「住居確保給付金」の相談・申請受付業務を社会福祉法人青森市社会福祉協議会に委託して実施しています。

(1)相談実施団体

  • 名称:社会福祉法人青森市社会福祉協議会
  • 電話:017-723-1340
  • ファックス:017-777-0458
  • メール:a_shakyo@mars.plala.or.jp
  • 住所:青森市本町4丁目1-3青森市福祉増進センター(しあわせプラザ内)

位置図

外観

(2)相談受付期間

  • 平日午前8時30分から午後5時00分(土・日曜日、祝日は休み)

 

◆社会福祉法人青森市社会福祉協議会のホームページです。(外部サイトへリンク)

 

 

◆住居確保給付金のご案内【チラシ】(PDF:211KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市福祉部生活福祉一課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-2309

ファックス番号:017-734-5839

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?