グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 市政情報 > 青森市はこんなまちです > 国際・広域交流 > 中華人民共和国・大連市

ここから本文です。

更新日:2020年12月10日

中華人民共和国・大連市

青森市と大連市は、経済、教育、文化、青少年交流を推進し、両市の友好と相互理解を深め、両国の友好関係を促進するため、平成16年(2004年)12月24日に青森市・大連市経済文化交流委員会協定を締結しました。

dairen_1
(左)大連市の中山広場(右)冬の大連市

大連市の概要

大連市は、中国東北部最大の工業都市であり、また、地区最大の港湾・航空貨物運送基地です。世界160余りの都市との航路を結んでいるほか、国際定期便も36路線を有し、名実ともに中国東北地区の玄関口としての位置を占めています。
昭和60年(1985年)には省・自治区並みの独立した権限を持つ「計画単列都市」として認可され、平成15年末(2003年)には、「1つのセンター、4つの基地―東北アジアの重要な国際海運センター・造船基地・石油加工基地・装備製造基地・電子情報産業基地―」として位置付けられたほか、平成20年(2008年)には、都市開発を主とした国家プロジェクトの指定を受け、都市化計画が加速化するなど著しい発展を遂げています。

  • 面積:12,573.85平方キロメートル
  • 人口:594,900人

協定締結までの経緯

平成16年(2004年) 東奥日報社と大連日報社の友好社締結を受け、友好交流の考え方に賛同し、市民レベルでの交流の可能性について検討を始める。
平成16年(2004年) 青森市関係者一行が大連市を訪問する。
平成16年(2004年) 青森市から大連市に正式に「教育・文化を主軸とした交流」を行いたい旨の親書を送る。その後、大連市側から交流を推進するにあたり両市で「経済文化交流委員会」を立ち上げ、委員会が窓口となって交流を進めるという提案を受ける。
平成16年
(2004年)
中国大連市にて「青森市・大連市経済文化交流委員会」設立の調印式を行う。

 

これまでの主な交流事業

県・市代表団の相互訪問などの交流事業を行っているほか、両市の交流指定校においては、これまでの作品交流に加え、平成25年度(2013年)からは児童・生徒の相互訪問による人的交流を実施しています。また、平成26年度(2014年)には大連市との友好交流締結10周年を迎えたことから、両市において記念写真展等の各種記念行事を行いました。

交流指定校

  • 青森市:幸畑小学校、横内小学校、横内中学校
  • 大連市:松山(ソンシャン)小学校、新甘井子(シンガンジンズー)小学校、第19中学校

青少年交流

  • 平成19年(2007年):大連市松山小学校が幸畑小学校を、新甘井子小学校が横内小学校を訪問し交流
  • 平成25年(2013年):大連市松山小学校、新甘井子小学校、奥林小学校児童が、横内中学校を訪問し、青森市交流指定校3校の児童生徒と交流
  • 平成26年(2014年):青森市交流指定校3校の児童・生徒が大連市交流指定校3校を訪問し交流
  • 平成27年(2015年):青森市交流指定校3校の児童・生徒が大連市交流指定校を訪問し交流
  • 平成28年(2016年):青森市児童・生徒が大連市交流指定校を訪問し交流
  • 平成29年(2017年)~:青森市児童・生徒が大連市交流指定校等を訪問し交流

dairen_2
青森市の小・中学生が大連市を訪問(令和元年・2019年/大連市)
(左)都市音楽館の見学。中国の伝統的な楽器を学びました。
(中央)名刺交換ゲーム。中国語で自己紹介にチャレンジしました。
(右)交流活動体験。金魚ねぶたを一緒に作りました。

問合せ

所属課室:青森市経済部交流推進課

青森市新町一丁目3-7 駅前庁舎3階

電話番号:017-734-5235

ファックス番号:017-734-5146

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?