ホーム > 交通部 > お知らせ一覧 > 青森市地域連携ICカードのネーミングが決定しました

ここから本文です。

更新日:2021年4月23日

青森市地域連携ICカードのネーミングが決定しました

青森市地域連携ICカードチラシ画像

青森市営バス、市バス、ねぶたん号全車に2022年春の導入を予定している青森市地域連携ICカードのネーミングについて、令和3年2月1日から2月21日の期間、AOPASS(アオパス)、Wanoca(ワノカ)、Abeca(アベカ)の3案で県内にお住いのかたを対象にご投票をお願いしたところ、投票総数5,825票の内、最多の票を獲得した「AOPASS(アオパス)」に名称が決定しました。ネーミングキャンペーンへの多数のご参加ありがとうございました。
※新ICカードにご当選されたかたへは、5月末に郵送でお知らせいたします。

名前の意味

青森市地域連携ICカードデザイン画像
カードデザイン

AOPASS(アオパス)のネーミングはaomori payment smooth system(アオモリ ペイメント スムーズ システム)の頭文字をとって、「青森一円、いろんなところで使えるカード」の意味が込められています。

ロゴマーク

青森市地域連携ICカードロゴ画像
ロゴマーク

ロゴマークのデザインは「青森一円で使える」という円の形を、バス運賃のお支払いのほか、Suica機能も搭載する2in1カードということで二重に配置し、「O」の文字の中に本市の市章を模すことで青森市のカードを表現しました。

青森市地域連携ICカードとは

青森市地域連携ICカードはJR東日本が提供する「Suica(スイカ)」の乗車券・電子マネー機能を備え、青森市営バス、市バス、ねぶたん号の運賃の支払いにご利用いただけるICカードです。

バス利用画像
1枚のカードで青森市内のバス(市営バス・市バ
ス・ねぶたん号)がキャッシュレスで便利に利用
できます。

交通機関タッチ画像
全国のSuica対応の交通機関で使用可能でき、
面倒な運賃計算や切符の購入が不要です。


店舗決済画像
買い物、飲食など日常生活の決済にも使用できま
す。(例:コンビニ、スーパー、ファミレス、フ
ァストフード店など)

 

 

バス広告募集バナー画像

問合せ

所属課室:企業局交通部管理課

青森市大字野内字菊川47-1

電話番号:017-726-5459

ファックス番号:017-726-5475

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?