グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 子ども・教育 > 事業者のかたへ > 認可外保育施設 > 青森市の認可外保育施設について

ここから本文です。

更新日:2021年10月5日

青森市の認可外保育施設について

認可外保育施設について

認可外保育施設とは、乳児または幼児を保育することを目的とする施設であって、児童福祉法や就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の認可を受けていない施設を総称したものです。

認可外保育施設一覧

青森市内の認可外保育施設は次のとおりです。

青森市認可外保育施設一覧(PDF:179KB)

保育施設の状況については、令和3年度の運営状況報告(6月)及び立入調査(7月)の結果、各種届出内容等をもとに掲載しています。

認可外保育施設の利用をお考えの方へ

  • お子さんを預ける施設を選ぶ際は、厚生労働省作成の「よい保育施設の選び方十か条(外部サイトへリンク)」を参考に、事
    前に施設を見学することをお勧めします。
  • 認可外保育施設の保育料は、設置者が自由に設定することができます。
    青森市では、認可外保育施設に入所している第3子以降の児童の保育料を軽減しております。詳しくは子育て支援課までお問合せください。

認可外保育施設の開設をお考えの方へ

子どもを預かることは、誰でも簡単にできそうなイメージがありますが、実際は命を預かる大変責任の重い仕事です。
事業として成り立たせるには課題が多く、安易に始めることはできません。
始める前に、認可外保育施設に関する基準を把握し、正しい情報を得て、十分検討を重ねてください。

設備・運営に関する基準

認可外保育施設の運営にあたっては、児童の安全確保等の観点から、保育内容、保育従事者数、施設設備等について、「認可外保育施設指導監督基準」に適合しているとともに、消防法、食品衛生法、労働基準法等の関係法令を遵守する必要があります。

認可外保育施設指導監督基準(PDF:353KB)

認可外保育施設における掲示事項に関して、児童福祉法施行規則が一部改正されました。
届出対象施設については、提供するサービス内容の掲示が義務付けられておりますので、掲示事項の追加整備をお願いいたします。
○平成30年4月1日施行:児童福祉法施行規則の一部を改正する省令施行通知(PDF:1,092KB)
○平成31年4月1日施行:児童福祉法施行規則の一部を改正する省令公布通知(PDF:2,450KB)

 

設置後の届出について

認可外保育施設を設置した場合は、事業開始の日から1か月以内に市に届け出る必要があります(預かる乳幼児の数が1人でも届出が必要です)。
また、事業開始後、届出事項に変更があった場合や施設を廃止または休止した場合にも、事実発生日から1か月以内に届出が必要となります。
そのほか、毎年6月に、施設の運営状況について市に報告する必要があります(届出対象外施設も含む)。

青森市認可外保育施設届出制実施要綱(PDF:126KB)

(1)届出対象施設

届出対象施設は、児童福祉法等による認可を受けていない、次に掲げる施設です(預かる乳幼児の数が1人でも届出が必要です)。

  1. 家庭的保育事業(利用定員5人以下)
    家庭において必要な保育を受けることが困難である乳幼児について、家庭的保育者の居宅その他の
    場所において、家庭的保育者による保育を行う事業
  2. 小規模保育事業(利用定員6人以上19人以下)
    保育を必要とする乳幼児について、乳幼児を保育することを目的とする施設で保育を行う事業
  3. 居宅訪問型保育事業
    保育を必要とする乳幼児について、保育を必要とする乳幼児の居宅で家庭的保育者による保育を行う
    事業
  4. 事業所内保育事業(従業員の監護する乳幼児以外の乳幼児を預かる場合)
    保育を必要とする乳幼児について、事業主が雇用する労働者の監護する乳幼児を保育するために自ら
    設置する施設または事業主から委託を受けて保育を実施する施設で保育を行う事業

    ※事業所内保育事業につきましては、令和元年7月1日から届出が必要になりました。
    詳しくは、下記のページをご覧ください。

    事業所内保育事業の方へ届出のお願い
  5. 企業主導型保育事業
    上記4の業務を目的とするものの設置者が、公益財団法人児童育成協会から助成を受け実施する企業
    主導型保育事業
  6. 児童福祉法第35条第4項の認可を受けていない施設
  7. 認定こども園法第17条第1項の認可を受けていない施設

(2)届出対象外施設

次に該当する施設は、届出対象外施設となります。

  1. 店舗その他の事業所において、商品の販売または役務の提供を行う事業者が、商品の販売または役務の
    提供を行う間に限り、その顧客の監護する乳幼児を保育するために自ら設置する施設
    また、当該事業者からの委託を受けて当該顧客の監護する乳幼児を保育する施設
    【例:自動車教習所、スポーツ施設、歯医者等に設置される一時預かり施設】
  2. 親族間の預かり合い
    【設置者の四親等内の親族が対象】
  3. 設置者の親族またはこれに準ずる密接な人的関係を有する者の監護する乳幼児のみを保育する施設
    【利用乳幼児の保護者と親しい友人や隣人等が対象】
  4. 一時預かり事業を行う施設にあっては、当該事業の対象となる乳幼児のみを保育する施設
    ○別途、児童福祉法に基づく届出が必要となります。
  5. 病児保育事業を行う施設にあっては、当該事業の対象となる乳幼児のみを保育する施設
    ○別途、児童福祉法に基づく届出が必要となります。
  6. 半年を限度として臨時に設置される施設
    【例:スキー場やバーゲン期間のみ開設されたデパート等の一時預かり施設】
  7. 幼稚園を設置する者が当該幼稚園と併せて設置している施設
    【同一敷地内等に設置】

届出対象外施設については届出義務はありませんが、施設の把握のため、顧客向け保育施設(上記2)の設置者は、可能な限り届出していただくようお願いいたします。

届出様式

(1)設置届様式

  1. 認可外保育施設設置届(様式第1号)(施設型・居宅訪問型共通)(ワード:28KB)
  2. 認可外保育施設設置届(様式第1号別紙)(施設型)(エクセル:117KB)
  3. 認可外保育施設設置届(様式第1号別紙)(居宅訪問型)(エクセル:90KB)

(2)設置届様式

認可外保育施設設置届にて届出を行った事項のうち、下記の内容に変更を生じた際は、変更の日から1か月以内にその旨を届け出る必要があります。

  1. 施設の名称及び所在地
  2. 設置者の氏名及び住所または名称及び所在地
  3. 建物その他の設備の規模及び構造建物その他の設備の規模及び構造
  4. 施設の管理者の氏名及び住所
  5. 入所(利用)定員

変更届の様式はこちら
認可外保育施設変更届(様式第2号)(ワード:29KB)

(3)休止・廃止届様式

廃止・休止の日から1か月以内に届出が必要です。
(※施設の廃止・休止は、通園児童及び保護者に多大な影響を及ぼすことから、事実が明らかになった時点で速やかに子育て支援課までご一報ください。)

※休止・廃止届の様式はこちら
認可外保育施設休止・廃止届(様式第3号)(ワード:29KB)

(4)定期報告

施設の設置者は、毎年、施設の運営状況を報告する必要があります。
下記の様式により、毎年6月1日現在の運営状況報告を同月30日までに行ってください。

※定期報告届の様式はこちら

  1. 認可外保育施設定期報告届(様式第4号)(施設型・居宅訪問型共通)(ワード:28KB)
  2. 認可外保育施設定期報告届(様式第4号別紙)(施設型)(エクセル:160KB)
  3. 認可外保育施設定期報告届(様式第4号別紙)(居宅訪問型)(エクセル:112KB)

その他の報告について

次の事項が生じた場合、認可外保育施設の設置者または管理者は、速やかに市へ報告してください。

(1)事故等が発生した場合

施設の管理下において、死亡事案、重傷事故事案、食中毒事案等の重大な事故が発生した場合は、速やかに報告してください。

※事故報告の様式はこちら
事故報告様式(様式第5号)(エクセル:30KB)

(2)長期滞在児がいる場合

施設に24時間、かつ、週のうちおおむね5日程度以上入所している児童がいる場合は、児童の氏名、住所及び家庭の状況等を速やかに報告してください。

※長期滞在児の報告様式はこちら
長期滞在児報告(様式第6号)(ワード:26KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市福祉部子育て支援課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5421

ファックス番号:017-722-5678

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?