グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 電子入札 > 青森市電子入札ポータルサイト > 模擬入札

ここから本文です。

更新日:2018年10月1日

模擬入札

模擬入札とは

模擬入札は、実際のシステムを使用し、架空案件の電子入札を行うことで、入札手順の確認、入札参加者のシステム操作の習熟、パソコン設定等に問題がないか確認をするために行うものです。
なお、実際の入札では、入札期間の設定や公告内容等が異なりますのでご注意ください。

模擬入札の実施について

模擬入札の日程

  模擬公告日 模擬入札日 模擬開札日 模擬資格審査
(模擬落札者決定)
第1回 平成30年10月11日(木) 平成30年10月15日(月) 平成30年10月17日(水) 平成30年10月18日(木)
第2回 平成30年10月22日(月) 平成30年10月24日(水) 平成30年10月25日(木) 平成30年10月26日(金)
第3回 平成30年10月30日(火) 平成30年11月1日(木) 平成30年11月2日(金) 平成30年11月5日(月)

※模擬入札の日程は都合により変更する場合があります。

模擬入札の参加対象となる方

青森市の工事の競争入札参加資格のうち、下記の対象業種・等級の資格を有する方で、これまで本市の電子入札に参加したことがない方

                     対象業種 等級
「機械器具設置」、「造園」、「屋根」、「防水」、「ガラス」、「タイル・れんが・ブロック」、
「電気通信」、「板金」、「塗装」、「内装仕上」、「消防施設」、「大工」、「左官」、「石」、
「鋼構造物」、「鉄筋」、「しゅんせつ」、「熱絶縁」、「さく井」、「建具」、「水道施設」、
「清掃施設」
A等級


模擬入札の手順

下記の「模擬入札の手順」を参照してください。

そのほかご注意いただくこと

  1. 模擬入札の案件は、模擬入札であることがわかるように、件名に模擬入札と記載します。時期によっては、本番の案件のスケジュールと重なることがありますので、入札時には、十分注意して行ってください。
  2. 青森市の電子入札システムの利用者登録以外に、模擬入札へ参加するための事前申込み等の手続は必要ありません。
  3. 模擬入札の参加対象となる方は、模擬入札公告に示している営業所所在地や業種等の参加資格にかかわらず、模擬入札に参加できます。
  4. 模擬入札においては、紙入札での参加(紙入札への移行)は認めません。
  5. 模擬入札においては、その案件を落札しても実際の契約はありません。
  6. 模擬入札においては、再度入札は行いません。
  7. 模擬入札の手順について変更することがあります。その場合は、事前にお知らせします。

ページの先頭へ戻る

模擬入札の手順

模擬入札の手順は以下のとおりです。
なお、青森市電子入札ポータルサイト内に、入札情報公開システム及び電子入札システムのマニュアルがありますので、参照の上、操作してください。

電子入札の利用者登録が完了していないかたは、こちらから始めてください。

1.利用者登録

模擬入札に参加するためには、事前に電子入札を利用する準備が調っている状況が必要です。
電子入札を利用するには(利用手順等)」を確認の上、利用者登録まで完了してください。

電子入札の利用者登録が完了している方は、こちらから始めてください。

2.模擬入札の入札公告の公開

模擬入札公告が公表されたら、「入札・契約の情報」の「お知らせ」ページ等でお知らせします。

3.入札情報公開システムへのログイン

[操作マニュアル・入札情報公開システム2.1参照]

4.発注情報の確認、設計図書の取得・閲覧等

[操作マニュアル・入札情報公開システム2.2参照]

入札情報公開システムにおいて「模擬入札公告」「設計図書」の確認をします。模擬入札参加対象者の資格、入札日・開札日・資格審査書類提出期限等の日程等の確認を行います。

※設計図書の取得・閲覧にはパスワードを用いてログインをします。また、模擬入札であることから、模擬入札での設計図書パスワードは全案件同じパスワードとします。パスワードは、[1122334455](括弧内半角数字)です。

ページの先頭へ戻る

5.質疑書の提出

模擬入札であることから、質疑書の提出はできません。

6.質疑回答書の確認

[操作マニュアル・入札情報公開システム2.2参照]

  • 質疑書の提出はできませんが、模擬入札であることから、質疑回答書は全件公表します。なお、質疑回答書の公開は、模擬入札公告において指定された日とします。
  • 公開場所は、入札情報公開システムでの各工事案件ごとの発注情報閲覧画面に掲載されます。

ページの先頭へ戻る

7.電子入札システムのログイン

[操作マニュアル・入札情報公開システム2.2-10参照]
[操作マニュアル・電子入札システム(事後審査型)1.2.1(p.4)参照]

8.入札書・参加申請書等の提出

[操作マニュアル・電子入札システム(事後審査型)1.2.1(p.4)参照]

  • 模擬入札公告において示した提出書類を、実際の発注案件に係る入札と同様に添付の上、電子入札システムで入札してください。
  • また、予定価格、最低制限価格、調査基準価格等は本来は事前に公表することはありませんが、模擬入札では、別途模擬入札公告において公表します。入札に当たっては、入札金額を、予定価格以下で最低制限価格(低入札価格調査制度案件の場合は数値的判断基準の合算額)以上で入力してください。

ページの先頭へ戻る

9.辞退申請

  • 模擬入札の入札書等を提出後に、模擬入札を辞退したい場合は、開札予定日時まで申請できます。
  • 模擬入札に当たっては、電子入札システムからの辞退の申請のみを受付します。

[操作マニュアル・電子入札システム(入札書提出後に辞退申請を提出する場合)](PDF:872KB)

10.開札

[操作マニュアル・入札情報公開システム2.3-5参照]
[操作マニュアル・電子入札システム(現在の入札進行状況を表示する場合)](PDF:214KB)

ページの先頭へ戻る

11.保留通知書の受信(応札者全者)

[操作マニュアル・電子入札システム(事後審査型)1.2.3.3(p.31)参照]

12.落札候補者決定通知書の受領(落札候補者のみ)

[操作マニュアル・電子入札システム(事後審査型)1.2.3.4(p.36)参照]

落札候補者となった方には、「保留通知書」のほかに、「落札候補者決定通知書」も送付されます。落札候補者となった方のみ次の作業に進みます。
※模擬入札においては、入札は1回のみ行います。1回目の入札で落札候補者を決定できなかった場合であっても、再度入札(2回目)は行いません。

ページの先頭へ戻る

13.競争参加資格確認申請書等の提出(落札候補者のみ)

[操作マニュアル・電子入札システム(事後審査型)1.2.3.5(p.41)参照]

落札候補者決定通知書を受領した者は、資格審査の手続となります。資格審査のため、模擬入札公告において指示した提出書類を、実際の発注案件に係る入札と同様に添付の上、電子入札システムから参加資格確認申請を期限日までに行ってください。模擬入札のため通常の日程よりも短期間での提出となっております。

14.資格審査

  • 今回の模擬入札では、入札参加資格の模擬審査を行います。
  • 競争参加資格確認申請書の提出により、模擬入札公告に記載の模擬入札参加資格の有無を審査し、模擬入札における落札者を決定します。


ページの先頭へ戻る

15.落札者決定通知書(応札者全者)

[操作マニュアル・電子入札システム(事後審査型)1.2.3.7(p.57)参照]

落札者が決定した場合は、落札者を含め応札者全員に「落札者決定通知書」を送信します。

16.入札結果

[操作マニュアル・入札情報公開システム2.3参照]

模擬入札の結果は、入札情報公開システムにおいて閲覧ができます。

 

ページの先頭へ戻る

ヘルプデスク

青森市電子入札ポータルサイト内ヘルプデスク

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市総務部契約課 担当者名:工事等契約チーム

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5144

ファックス番号:017-734-2102

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?