グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症の療養期間の変更について

ここから本文です。

更新日:2022年9月9日

新型コロナウイルス感染症の療養期間の変更について

新型コロナウイルス感染症の療養期間が変わりました

新型コロナウイルス感染症の患者(陽性者)の療養期間については、次のとおりです。

症状がある方

発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合は8日目に療養解除となります。
※10日間経過するまでは、検温など自身での健康状態の確認、自主的な感染予防行動の徹底が必要です。

症状がない方

検体採取日(検査日)から7日間経過した場合は、8日目に療養解除となります。
※5日目に検査キットで陰性を確認した場合は、6日目に療養解除が可能となりますが、7日間経過するまでは、検温など自身での健康状態の確認、自主的な感染予防行動の徹底が必要です。

入院中の方

発症日から10日間が経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合に11日目から解除可能とされており、入院先医療機関の医師がこの基準を踏まえて退院可能かどうか判断します。

高齢者施設に入所している方

発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合に11日目から解除可能です。


問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 感染症対策課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-718-2852

ファックス番号:017-765-5202

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?