グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 感染症 > 各種感染症 > 令和2年12月1日から発熱等の症状があるかたの受診方法が変わりました

ここから本文です。

更新日:2020年12月1日

令和2年12月1日から発熱等の症状があるかたの受診方法が変わりました

発熱等の症状は、季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の両方で認められ、その症状からどちらの疑いがあるか見分けがつきません。そのため、両方を診療・検査できるように、今冬のインフルエンザの流行に備えて、12月1日から医療機関の受診方法が変わりました。なお、感染拡大防止のため、受診の際はマスクの着用にご協力をお願いします。

こちらのページ(発熱等の症状のあるかたの受診方法)(PDF:586KB)をご確認ください。

かかりつけ医がいるかた

まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。
相談先の医療機関が対応できる場合は、指定された予約時間に受診してください。

※他の診療・医療機関を紹介される場合があります。

かかりつけ医がいないかた

コールセンターに電話でご相談ください。
診療・検査医療機関をご案内します。

県コールセンター(新型コロナウイルス感染症コールセンター)
電話番号:0120-123-801 (フリーダイヤル)  24時間受付 (土日・祝日含む) 

青森市地域外来を受診(予約不要)

青森市地域外来(青森市急病センター)で受診が可能です。(毎日19時00分~22時00分)

青森市地域外来(青森市急病センター) 電話番号:017-773- 6477

受診の際は、マスクを着用して、保険証とお薬手帳、筆記用のペンをお持ちください。
※青森市地域外来での診察等は通常の保険診療となり、自己負担があります。
※医師が必要と判断した場合は、翌日検査センターで新型コロナウイルス感染症の検査を受けていただきます。また、併せてインフルエンザ検査が必要と判断された場合も、翌日「検査センター」で検査を受けていただきます。

夜間・休日で、発熱や咳などの風邪症状以外の急な病気で受診したい場合

在宅当番医や救急診療所等を受診してください。

救急病院紹介 消防本部 電話番号:017-722-2211

症状に関わらず、新型コロナウイルス感染症患者と接触したなど、心当たりのあるかた

受診・相談センターにご連絡ください。

受診・相談センター(青森市保健所) 電話番号:017-765-5280

受診・相談センターからのお願い

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

○ 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えましょう。
○ 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておきましょう。
○ 基礎疾患(持病)をお持ちのかたで症状に変化があるかた、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配なかたは、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

医療機関にかかるときのお願い

○ 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
○ 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際にマスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 感染症対策課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-718-2852

ファックス番号:017-765-5202

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?