グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 市政情報 > 青森市のまちづくり > 環境への取組 > 地球温暖化 > BDF利活用推進事業

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

BDF利活用推進事業

市では、資源の有効活用及び環境負荷の低減を図るため、一般家庭から排出された使用済み天ぷら油や古くなった食用油などを回収し、その廃食用油を原料としてバイオディーゼル燃料(Bio Diesel Fuel)に精製し、市営バスなどの燃料として利用しています。

廃食用油の回収方法についてはこちらをご覧ください。

バイオディーゼル燃料とは・・・

使用済み天ぷら油などから作った、軽油の代わりに使う燃料のこと。これまで廃棄されていたものを再利用する資源循環型の燃料で、黒煙などの発生が少ない地球にやさしいエネルギーです。
また、バイオディーゼル燃料は、化石燃料とは違い植物性であり、植物の生長過程に大気中の二酸化炭素を吸収することから、バイオディーゼル燃料を燃焼させて二酸化炭素を排出しても、もともと大気中にあったものを大気に戻しているという考えから、二酸化炭素の排出量はゼロカウント(カーボンニュートラル)となります。

バイオディーゼル燃料のやさしさ

地球にやさしい

地球温暖化の原因である化石燃料と違って植物油からできているので、植物がある限り持続可能なエネルギーです。

健康にやさしい

呼吸器障がいや花粉アレルギーなどの原因となる黒煙の排出量が軽油より少なく、健康にやさしいエネルギーです。

環境にやさしい

酸性雨の原因となる硫黄酸化物の発生がほとんどない、環境にやさしいエネルギーです。

BDF利活用事業に関する協定書

バイオディーゼル燃料として活用するリサイクルの推進に当たり、市・BDF製造業者・スーパーの3者がそれぞれの役割分担のもと、相互協力しながらBDF利活用の促進を図ることを目的に、平成22年4月26日「BDF利活用モデル事業に関する協定書」を締結しました。現在は「BDF利活用事業に関する協定書」を締結し、引き続き協力いただいております.

 

 

問合せ

所属課室:青森市環境部環境政策課 

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-718-0286

ファックス番号:017-718-1083

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?