グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 介護保険 > お知らせ > 平成30年8月から介護サービスの利用者負担割合が変わります

ここから本文です。

更新日:2018年6月19日

平成30年8月から介護サービスの利用者負担割合が変わります

介護保険制度の改正に伴い、平成30年8月から65歳以上のかた(第1号被保険者)であって、現役並みの所得のあるかたは、利用者負担割合が2割から3割に見直されることになりました。

3割負担となるかた 本人の合計所得金額が220万円以上で、同一世帯の65歳以上のかたの「年金収入+その他の合計所得金額」が単身で340万円以上、2人以上の世帯で463万円以上のかた
2割負担となるかた 本人の合計所得金額が160万円以上で、同一世帯の65歳以上のかたの「年金収入+その他の合計所得金額」が単身で280万円以上、2人以上の世帯で346万円以上のかた
1割負担となるかた 利用者負担割合2割、3割が適用されないかた

※「合計所得金額」とは、収入から公的年金等控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除や人的控除等の控除をする前の所得金額をいいます。また、長期譲渡所得及び短期譲渡所得に係る特別控除を控除した額で計算されます。
※「その他の合計所得金額」とは、上記「合計所得金額」から、年金の雑所得を除いた所得金額をいいます。

詳しくは、下記関連リンク「利用者負担割合の基準が変わります(周知用リーフレット)」をご覧ください。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市福祉部介護保険課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5365

ファックス番号:017-734-5355

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?