グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 感染症 > 各種感染症 > 新型コロナウイルス感染症が疑われるかたは「帰国者・接触者相談センター」へ

ここから本文です。

更新日:2020年5月11日

新型コロナウイルス感染症が疑われるかたは「帰国者・接触者相談センター」へ

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください

□息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
□重症化しやすい方(※)や妊婦のかたで、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患があるかたや透析を受けている
 かた、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いているかたなどが該当となります。
□上記以外のかたで発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合
 にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならないかたも同様です。)

※なお、この目安は、市民のみなさまが相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が
個別に判断します。

【新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安】(PDF:92KB)

 青森市保健所「帰国者・接触者相談センター」
 電話番号:017-765-5280
 ファックス番号:017-765-5202(電話でのご相談が難しいかた)

 

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

○ 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
○ 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
○ 基礎疾患(持病)をお持ちのかたで症状に変化があるかた、新型コロナウイルス感染症以外の病気が
 心配なかたは、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

 医療機関にかかるときのお願い

○ 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診する
 ことはお控えください。
○ 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に
 マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いし
 ます。

<参考>新型コロナウイルス感染症が疑われるかた

・発熱または呼吸器症状があるかたで、新型コロナウイルス感染症であることが確定したかたと濃厚
 接触歴(※)があるかた
・発熱かつ呼吸器症状があり、発症前14日以内に流行地域に渡航または居住していた、または流行地域
 に居住していたかたと濃厚接触歴(※)があるかた
・発熱かつ呼吸器症状があり、入院を要する肺炎が疑われ、医師が総合的に判断した結果、新型コロナ
 ウイルス感染症を疑うかた

※濃厚接触とは、患者(確定例)の感染可能期間に接触した者のうち、次の範囲に該当する者を指します。
・患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
・適切な感染防護なしに患者を診察、看護もしくは介護していた者
・患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
・手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で必要な感染予防策なしで、患者と15分以上の
 接触があった者

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 保健予防課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-765-5280

ファックス番号:017-765-5202

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?