グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 子ども・教育 > 妊娠期から子育て期の支援 > 不安を抱える妊婦のかたへ分娩前の新型コロナウイルス検査費用を助成します

ここから本文です。

更新日:2020年10月13日

不安を抱える妊婦のかたへ分娩前の新型コロナウイルス検査費用を助成します

無症状の妊婦のかたが、検査を希望し、かかりつけ産婦人科医が必要と認めた場合、分娩前に受けるPCR等のウイルス検査の費用を助成します。

対象者

以下の全てに該当するかた

  • 青森市に住民票がある妊婦のかた、または里帰り出産(※)のために、県外から青森市に滞在している妊婦のかた
  • 分娩予定日が概ね2週間以内の、無症状の妊婦のかた(医師が検査時期を早める必要があると判断した場合は、それ以前に実施した場合も対象となります)

 ※県内(市外)の住所地から青森市内に里帰りしている妊婦については、住所地のある市町村の管轄(青森県または八戸市保健所)の事業で実施

実施期間

令和2年10月1日から令和3年3月31日まで

助成内容

保険適用外で実施する、鼻の奥の粘液または唾液を用いたPCR検査、LAMP検査、抗原定量検査(簡易キットを用いた抗原検査は除く)の検査費用について、2万円を上限に助成

  • 本事業の対象者は、妊婦一人につき、1回限りです。
  • 上限を超える料金については、自己負担が発生する可能性があります。

検査の受け方と助成方法について

県内の産科医療機関で出産予定のかた

1.検査説明書(PDF:106KB)を必ずお読みになり、かかりつけ産科医療機関にご相談ください。
2.医師に相談の上で、検査が必要と認められた場合は、産科医療機関で下記の書類を記載し、提出します。
 (1)検査申込書(PDF:124KB)
 (2)青森市妊婦へのウイルス検査事業補助金交付申請書(ワード:48KB)
3.検査後、検査費用から助成額(上限2万円)を差し引いた額を検査を受けた産科医療機関等にお支払いください。

県外の産科医療機関で出産予定のかた

検査説明書(PDF:106KB)を必ずお読みになり、里帰り先の産科医療機関にご相談ください。
医師に相談の上で、検査が必要と認められ、助成の対象となる検査を受け、検査費用が全額自己負担となった場合は、青森市に償還払いの申請を行うことで、2万円を上限に費用の助成をします。

【償還払いの申請について】

下記の書類をご用意の上、令和3年3月31日まで(※)に、青森市保健所あおもり親子はぐくみプラザまで、郵送または持参してください。
※令和3年3月に検査した分は、令和3年4月10日まで受け付けます。

 (1)青森市妊婦へのウイルス検査事業補助金交付申請書(ワード:53KB)(妊婦→青森市)
 (2)検査費用がわかる領収書等(原本)
 (3)金融機関振込先を確認できる書類(通帳の写し等)

【郵送先】
 〒030-0965 青森市佃2丁目19-13
 青森市保健所 あおもり親子はぐくみプラザ 妊婦へのウイルス検査事業担当 宛

担当窓口

あおもり親子はぐくみプラザ(元気プラザ内)
〒030-0962 青森市佃2丁目19-13 電話:017-718-2983
受付時間:午前8時30分から午後6時00分まで(月曜日から金曜日(祝日は除く))



Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 あおもり親子はぐくみプラザ

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-718-2983

ファックス番号:017-718-2951

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?