グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 大腸がん検診

ここから本文です。

更新日:2022年7月21日

大腸がん検診

大腸がんについて

大腸がんは、罹患する人(かかる人)が増加しており、我が国のがんによる死亡原因の多くを占めているがんです。大腸がんの発生は、赤肉や加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージ等)の摂取、飲酒、喫煙等の生活習慣と関わりがあるとされています。早期の段階では自覚症状はほとんどなく、進行すると血便、下血、下痢と便秘の繰り返しなどの症状が現れます。大腸がんは、罹患率、死亡率がほかのがんに比べて高いため、40歳を過ぎたら年に1度は定期的な検診を受け、早期発見・早期治療を行うことが大切です。

大腸がん検診の対象者

青森市に住民票があり、令和4年4月2日~令和5年4月1日に40歳以上になるかた

検診・健診内容

 便潜血検査(2日法)medical_daichougan_kensa
 ※便は検診予定日の5日以内に採取してください。

料金(自己負担金)

検査項目 加入保険
青森市国保 左記以外
便潜血検査(2日法) 無料 510円

自己負担金が無料になるかたはこちらからご確認ください。

検診の受け方

集団検診と個別検診にて実施しております。 

検診の受け方、お申込みはこちら

検診を受ける際の注意事項

 1. 採便容器同封の説明書をよくお読みください。また、事前に袋とラベルに氏名を記入してください。
 2. 便は検診予定日の5日以内に2日続けて採取することが望ましいです。(出来ない時は日を変えて2回採取してください。)
 3. スティックをまわして抜き、便の表面をまんべんなく擦りとり、1回差し込みしっかり締めます。
 4. 便を採取した容器は冷暗所で保存(4~10℃)し、便を採取していなければ室温で保存してください。
 5. 生理、痔などで出血が多い場合は正確に検査できませんので、受診日の変更をお勧めいたします。
 6. 便に血が混じる、出血があるなど自覚症状がある場合は、病院での検査をお勧めします。

検診の結果、要精密検査となった場合

 精密検査が必要と判定された場合、速やかに医療機関を受診しましょう。

精密検査内容

  • 全大腸内視鏡検査…大腸全てを内視鏡で観察する方法です。事前に下剤を服用し、肛門から内視鏡を挿入し検査します。
  • 注腸エックス線検査…事前に下剤を服用し、肛門からチューブを挿入してバリウムと空気を挿入し、大腸のエックス線写真を撮影します。

費用

 精密検査やその後の治療に関する費用については、ご自身の健康保険をご利用ください。


問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 健康づくり推進課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-718-2918

ファックス番号:017-743-6276

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?