グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ) > 青森市の文化財 > 昔の道具を調べよう > 台所の道具2

ここから本文です。

更新日:2014年12月22日

台所の道具2


擂鉢(すりばち)と擂粉木(すりこぎ)


米櫃(こめびつ)


片口(かたくち)


笊(ざる)


水瓶(みずがめ)


洗濯板(せんたくいた)と洗濯だらい

【擂鉢(すりばち)と擂粉木(すりこぎ)】
すりこぎを使ってすり鉢とすり合わせ、豆やゴマなどをくだいたり粉にしたりします。

【米櫃(こめびつ)】
米を入れておく箱。

【片口(かたくち)】
酒やしょうゆなどを大きな入れ物から小さな入れ物に移す時に使う道具。

【笊(ざる)】
竹をあんで作った水きり用の入れもの。

【水瓶(みずがめ)】
井戸(いど)からくんできた水を入れて、ためておく入れもの。

【洗濯板(せんたくいた)と洗濯だらい】
板に凸凹(でこぼこ)をつけ、凸凹の部分に衣類(いるい)をこすりつけ、よごれをおとします。

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局文化財課 

青森市新町一丁目3-7 

電話番号:017-718-1392・017-718-1389

ファックス番号:017-718-1394

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?