グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ) > 青森市の文化財 > 昔の道具を調べよう > 台所の道具1

ここから本文です。

更新日:2014年12月22日

台所の道具1


箱膳(はこぜん)


箱膳(はこぜん)の使い方


弦鍋(つるなべ)


鍔釜(つばがま)


お櫃(ひつ)


蒸籠(せいろう)

【箱膳(はこぜん)】
箱の部分に1人分の食器を収納する容器です。食事の時のおぜんになります。

【箱膳(はこぜん)の使い方】
食事の時には、ふたを裏返しておわんや小皿などの食器をのせ、おぜんとして使いました。

【弦鍋(つるなべ)】
鉄製(てつせい)。火にかけたり、持ち運んだりするために弦(つる)がついています。

【鍔釜(つばがま)】
ご飯をたく道具。かまどでご飯をおいしくたくため胴体(どうたい)に鍔(つば)と呼ばれる輪(わ)がついています。

【お櫃(ひつ)】
たいたご飯を入れておく道具。

【蒸籠(せいろう)】
お湯を入れたなべにのせて、もち米や赤飯(せきはん)などを蒸(む)すのに使います。

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局文化財課 

青森市新町一丁目3-7 

電話番号:017-718-1392・017-718-1389

ファックス番号:017-718-1394

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?