グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ) > 青森市の文化財 > 青森市内に所在する指定文化財 > 有形文化財 石器土器図絵六曲屏風

ここから本文です。

更新日:2014年12月22日

有形文化財 石器土器図絵六曲屏風

作者の「土岐蓑虫」は、美濃国(岐阜県)に天保7年(1836)に生まれ、嘉永2年(1849)から明治29年(1896)まで漂泊の生活を送った。自製の野宿用テントを持って移動したので、自ら「蓑虫」と称した。明治11年(1878)秋、青森県に来訪し、津軽に長期間滞在した。青森県つがる市(旧木造町)の亀ヶ岡遺跡を度々訪ね、出土品の収集と発掘を行っている。
この屏風絵は、明治前半に描かれたもので、考古学的な資料としても貴重である。

 
有形文化財 石器土器図絵六曲屏風

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局文化財課 

青森市新町一丁目3-7 

電話番号:017-718-1392・017-718-1389

ファックス番号:017-718-1394

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?