グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ) > 青森市の文化財 > 青森市内に所在する指定文化財 > 有形文化財 延文二年銘の碑

ここから本文です。

更新日:2014年12月22日

有形文化財 延文二年銘の碑

青森市に存する数少ない板碑の1つであり、弥陀三尊(キリーク、サ、サク)の種子の下に延文二季(1357)の紀年名が刻まれている。金石文として、中世の文献資料が極めて少ない当地方史上極めて重要である。
また、津軽地方の板碑の種子はバン(金剛界大日如来)が圧倒的に多いが、この碑は関東の武蔵型板碑に多いキリーク(弥陀三尊)が刻まれているのも特徴的である。東岳の安山岩で製作されているが、当時この地域に板碑を建立できるだけの経済力を持った豪族・名主等がいたことがうかがえ、歴史的資料としても貴重である。


有形文化財 延文二年銘の碑

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局文化財課 

青森市新町一丁目3-7 

電話番号:017-718-1392・017-718-1389

ファックス番号:017-718-1394

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?