グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ) > 青森市の文化財 > 青森市内に所在する指定文化財 > 有形文化財 法華堂茶釜

ここから本文です。

更新日:2014年12月22日

有形文化財 法華堂茶釜

指定物件は、元禄後期に作製されたものと推定され、胴部の「法華堂」という文字は、中国の儒学者朱舜水【しゅしゅんすい】の書とされている。
この茶釜は、水戸光圀の愛用していたものを水戸藩儒学者藤田東湖が拝領し、蓮華寺第26世住職角田堯現が東湖のもとで学び、帰郷の際に賜ってきたものといわれている。
朱舜水は明朝復興に失敗し、万次2年(1659)日本へ亡命帰化した人で、徳川光圀に迎えられ、水戸学の発達に貢献している。


有形文化財 法華堂茶釜

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局文化財課 

青森市新町一丁目3-7 

電話番号:017-718-1392・017-718-1389

ファックス番号:017-718-1394

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?