グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ) > 青森市の文化財 > 青森市内に所在する指定文化財 > 有形文化財 掛軸「見返りの松」

ここから本文です。

更新日:2014年12月22日

有形文化財 掛軸「見返りの松」

指定物件は安政2年(1855)、蓮心寺10世住職智海師【ちかいし】が京都の画家塩川文鵬に、蓮心寺の庭の松を写生させたものである。
画題の松は蓮心寺開祖敬念上人【きょうねんしょうにん】により植えられたもので、明治9年(1876)7月明治天皇がご来青の時に、あまりの見事さに何度も振り返って眺めたということから「見返りの松」と呼ばれるようになった。
しかしこの松は、残念がら明治43年(1910)5月3日の大火により焼失した。この掛軸は、青森市の歴史的一面を伝える郷土資料として貴重なものである。


有形文化財 掛軸「見返りの松」

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局文化財課 

青森市新町一丁目3-7 

電話番号:017-718-1392・017-718-1389

ファックス番号:017-718-1394

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?