グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > いにしえ青森(青森市遺跡・文化財ホームページ) > 青森市の文化財 > 青森市内に所在する指定文化財 > 有形文化財 木彫釈迦牟尼如来座像

ここから本文です。

更新日:2014年12月22日

有形文化財 木彫釈迦牟尼如来座像

江戸時代初期の遊行僧円空の作品である。円空は若くして母を洪水で亡くし、その供養のため仏門に入り、30歳を過ぎてから布教伝道により庶民の嘆き苦しみを救おうと、辺境の地を巡ったと伝えられている。その足跡には数多くの作仏が残され、青森県内では十数体発見されている。
円空仏の特徴は、一本の素木をそのまま鉈で裁ち彫り上げ、仏像彫刻の伝統にとらわれないところにあるといわれているが、この像にも無限の生命感があり、素朴さと暖かさの中に祈りの心が秘められている。
指定物件は、円空の比較的初期の作と考えられており、宗教的信仰と慈悲の心が率直明快に表現された貴重な作品である。


有形文化財 木彫釈迦牟尼如来座像

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局文化財課 

青森市新町一丁目3-7 

電話番号:017-718-1392・017-718-1389

ファックス番号:017-718-1394

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?