グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 歴史 > 市史の刊行 > 『市史研究あおもり』の刊行案内

ここから本文です。

更新日:2017年3月9日

『市史研究あおもり』の刊行案内

青森市誕生100周年を迎えた平成10年、市史編さん事業の調査・研究成果を報告する『市史研究あおもり』を創刊しました。これまでに8号が刊行されておりますので『新青森市史』とあわせて是非ご覧ください。

市史研究あおもり1

市史研究あおもり1

刊行 平成9年度
判型 A4判
ページ数 108ページ
価格 本体900円+消費税

目次

末永 洋一
「青森港の発展と北山一郎―北山一郎の『青森港湾論』に触れて」
遠藤 正夫
「縄文の心象を探る―小牧野遺跡環状列石の語るもの―」
村越 潔
「縄文時代とあおもり」
鈴木 政四郎
「青森の人々を驚かした陸奥湾からのメッセージ」
小口 雅史
「田村麻呂「自断」?―底本調査の重要性―」
葛西 富夫
「青森公立大学誕生の覚書―『新青森市史』別編教育から―」

表紙:棟方 志功作「御神鷲図」

市史研究あおもり2

市史研究あおもり2

刊行 平成10年度
判型 A4判
ページ数 116ページ
価格 本体1,200円+消費税

目次

玉 真之介
「戦前期の漁業出稼ぎと青森地方職業紹介事務局」
末永 洋一
「白鳥鴻章と山林解放運動に関する資料について」
中野渡 一耕
「『横山家文書』に見る藩士土着政策の一断面」
工藤 大輔
「近世における『青森市域』」の地震について」
工藤 弘樹
「『デスクワーク』と『フィールドワーク』の調査―「中世港湾都市油川」の解明に向けて―」
小嶋 芳孝
「オンドルと蝦夷」
小倉 慈司
「『古本風土記逸文』所収 陸奥国風土記逸文について」
小口 雅史
「青森市野木遺跡出土の古代墨書土器」
葛谷 孝
「八甲田の高山植物」
對馬 昭三
「『ウトウ』」

表紙:関野 凖一郎作「青森駅」

市史研究あおもり3

市史研究あおもり3

刊行 平成11年度
判型 A4判
ページ数 134ページ
価格 本体1,200円+消費税

目次

葛西 勵
「山野峠遺跡出土のレリーフ(絵画)のある土器棺」
工藤 弘樹
「北の中世港湾都市油川とその時代」
斉藤 利男
「青森市油川熊野宮の寛文6年棟札とその裏書について」
浪川 健治
「横内組浅虫村当戸数人別面帳」
末永 洋一
「『青浦商会関係資料』調査記」
末永 洋一
「青森市における『愛市運動』の展開とその特徴」
昆 政明
「陸奥湾の鱈漁聞き書き」
脇野 博
「『滝屋伊東家文書目録』書状(寛政期~文化期)」
成田 滋彦
「死の考古学―上屋構造をもつ墓について」

表紙:棟方 末華作「青森平野」

市史研究あおもり4

市史研究あおもり4

刊行 平成12年度
判型 A4判
ページ数 200ページ
価格 本体1,700円+消費税

目次

小嶋 芳孝
「日本海の島嶼から見た地域間交流史」
浪川 健治
「幕末期の村落状況と民衆移動」
末永 洋一
「青森県における対ロシア貿易と青浦商会」
福田 友之
「陸奥湾南岸域における縄文時代の狩猟・漁労ノート」
宮本 利行
「外国貿易港としての青森開港について」
工藤 一爾・佐藤 巧
「青森市の地層・岩石の絶対年代」
斉藤 利男
「盛岡南部氏関係近世前期歴史編纂物・書上類、史料解題」
谷本 晃久
「箱館奉行所沖之口掛集積史料にみる幕末の青森湊と箱館湊」
末永 洋一
「昭和初期における漁業出稼ぎ資料について」
市田 忠夫
「青森にちなんだ名前の昆虫」

表紙:棟方 志功作「あおもりはの柵」

市史研究あおもり5

 

市史研究あおもり5

刊行 平成13年度
判型 A4判
ページ数 138ページ
価格 本体1,200円+消費税

目次

武田 共治
「昭和恐慌期の農村疲弊と油川町」
鐘江 宏之
「8・9世紀における陸奥・出羽国域と北方管轄についての覚書―津軽地方の位置づけを中心に」
塩原 鉄郎
「青森市民の地質・土木・水とのかかわり」
成田 敏
「青森ねぶた灯籠の造形様式について」
工藤 清泰
「青森市域の出土銭―模鋳銭と無文銭」
長谷川 成一・市毛 幹幸
「貞亨4年 陸奥国津軽郡田舎庄三内村御検地水帳(青森市個人蔵)」
河西 英通
「青森町長工藤卓爾の青森港論をめぐって」

表紙:関野 凖一郎作「青森市柳町朝市」

市史研究あおもり6

市史研究あおもり6

刊行 平成14年度
判型 A4判
ページ数 144ページ
価格 1,200円+消費税

目次

浪川 健治・魚川 江美子
「近世浅虫村の生活環境と居住空間」
末永 洋一
「「昭和の大合併」への一考察―青森市・野内村合併問題を通して―」
末永 洋一
「青森市・相馬家文書の紹介」
葛西 勵・小幡 育恵
「切断壷形土器(切断土器)の研究」
沼宮内隆晴
「海岸の構築物と海の生きものたち」
小林 雅人
「中世城館遺跡の調査方法に関する一試論とその成果―外ヶ浜地区安藤氏系中世城館群を素材として」
鐘江 宏之
「菅江真澄と津軽の古代」

表紙:棟方 末華作「青森県庁旧庁舎」

市史研究あおもり7

市史研究あおもり7

刊行 平成15年度
判型 A4判
ページ数 88ページ
価格 本体1,048円+消費税

目次

長谷川方子
「青森市の衣生活の変遷と地域的特徴―昭和初期から昭和30年代―」
中園 裕
「資料で見る『雪中行軍』―新規資料の発見と研究史の整理―」
福田 友之・永嶋 豊・藤原 弘明
「青森市大浦出土の遺物について―土器・塩製土器・骨角器・貝類―」
末永 洋一
「明治・大正・昭和初期において青森市内で発行された新聞とその所在」

表紙:関野 凖一郎作「八甲田山と凧」版画

市史研究あおもり8

市史研究あおもり8

刊行 平成17年度
判型 A4判
ページ数 104ページ
価格 本体877円+消費税

目次

佐原 雄二
「青森県のメダカの歴史と現状」
石山 晃子
「伝説を維持するもの―炭焼藤太の伝承をめぐって―」
福井 敏隆
「栗橋関所史料にみえる弘前藩・松前藩等の動向」
工藤 大輔
「弘前藩領における浄土真宗本願寺派寺院の成立に関するノート」
長谷川成一
「天保13年7月 変用控」(青森市 肴倉宏太氏蔵)
末永 洋一
「青森市・長内家文書の紹介」
末永 洋一
「リンゴ輸出と北山嘉平衛翁」

表紙:今 純三作「堤橋風景」石版

閲覧所

市民図書館
各市民センター
浪岡中央公民館
県立図書館

  • 閲覧所には一部収蔵されていないものがありますので、お確かめの上、ご覧ください。

 

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局市民図書館 担当者名:歴史資料室

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-732-5271

ファックス番号:017-732-5272

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?