グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 歴史 > メールマガジン「あおもり歴史トリビア」 > 「あおもり歴史トリビア」第7号(2012年5月18日配信)

ここから本文です。

更新日:2015年6月1日

「あおもり歴史トリビア」第7号(2012年5月18日配信)

青森の「老舗」(担当:工藤)

こんにちは!事務長の工藤大輔です。

昨年の9月4日付の『東奥日報』紙に、青森の老舗(1912年以前に創業した事業所)に関する記事が載っていました。これによれば、青森県内の老舗は235あって、このうち江戸時代に創業したのは15とあります。

では、青森市内に老舗はいくつあるでしょう…ちょっと想像してみてください。

実は、青森市には63の事業所がありました。

どうでしょう、多いですか?少ないですか?

このうち、3つが江戸時代(ここでは1867年以前とします)の創業です。

ダントツに古いのが、浅虫の温泉旅館「椿館」で、貞享4年(1687)の創業です。

椿館
椿館

つぎが、元文5年(1740)創業の南薬局です。藩政時代の記録を読んでいると、南了益(みなみ・りょうえき)という名前をよくみかけます。そして、万延元年(1860)に弘前松森町の一瓢舎半升(いっぴょうしゃはんしょう)という人物が著した旅行小説『御国巡覧滑稽嘘盡戯(おくにじゅんらんこっけいうそつきげ)』では、青森名物の第1番目に「米町南氏の元応丸」と、「元応丸」という薬をあげています。

なお、この『御国巡覧滑稽嘘盡戯』については、先般刊行した『新青森市史』通史編第2巻近世692~705ページで詳しく取り上げていますので、是非ご覧ください。

そして、3つめが、文久2年(1862)創業の「武内製飴所」です。「津軽飴」などが有名ですよね。当時、青森町には37軒の飴屋さんがありました。そのうちの1軒が、こうして現在も営業を続けているなんて嬉しくなりますね。

武内製飴店
武内製飴店

機会がありましたら、今回紹介できなかった「老舗」についても紹介したいと思います。

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局市民図書館 担当者名:歴史資料室

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-732-5271

ファックス番号:017-732-5272

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?