グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 歴史 > メールマガジン「あおもり歴史トリビア」 > 「あおもり歴史トリビア」第12号(2012年6月22日配信)

ここから本文です。

更新日:2015年6月1日

「あおもり歴史トリビア」第12号(2012年6月22日配信)

ナンジャモンジャの木(担当:三上)

“ナンジャモンジャ”という名前の木があるのをご存知でしょうか。

正式名はヒトツバタゴと言います。細越にある「夢の森」で最初にこの木に出会った時、白く細かい花が木にびっしり咲いていて、とても不思議な感じがし、呪文のようなこの名前がぴったりだと思いました。明治神宮外苑に植えられているものは古くから有名で、名前がわからぬままに“ナンジャモンジャ”と呼ばれていたそうです。

ナンジャモンジャの木(夢の森)
ナンジャモンジャの木(夢の森)

ナンジャモンジャの花
ナンジャモンジャの花

昨年、元寇(げんこう:鎌倉時代、元軍が日本に来襲した事件)のあった湊を見たいと思い、壱岐・対馬の旅に出ました。対馬に着いた時、旅館の主人が韓国を臨む島の北端対馬市鰐浦(わにうら)はヒトツバタゴの自生地だという説明をしてくれました。そのヒトツバタゴこそ、“ナンジャモンジャ”だったのです。気になっていた木の名前を聞いたので感激してしまいました。

“ナンジャモンジャ”の花が咲く時期になると山全体が真っ白になり、それが海面にも映えるので現地では「ウミテラシ」と呼ばれているそうです。対馬のものは明治末に発見され、国の天然記念物に指定されているということでした。旅をしたのは5月初めだったので、残念ながら花はまだ咲いていませんでしたが、その話だけでも大きな収穫でした。

ヒトツバタゴの自生地は対馬のほかには岐阜県・愛知県だけと思われる珍しい樹木で、市内では園芸種ですが「夢の森」で見ることができます。この「夢の森」は細越の山間部にある広大な森で、ほかにもサクラ、ツツジなどの樹木が繁り、蛍の観察もできる、市民にとって憩いの場です。

咲き乱れるナンジャモンジャの花
咲き乱れるナンジャモンジャの花

ヒトツバタゴの学名「キオナンツス」は「雪花」の意味で、花どきの状態をうまく表しており、6月に白い花で満開になります。

青森の6月は「夢の森」のヒトツバタゴをはじめ、ミズキ、アカシア、カンボク、コデマリ、オオデマリ、リュウキュウツツジなど、爽やかな白い花々が夏へのリレーを展開しています。

カンボク
カンボク

コデマリ
コデマリ

オオデマリ
オオデマリ

リュウキュウツツジ
リュウキュウツツジ

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局市民図書館 担当者名:歴史資料室

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-732-5271

ファックス番号:017-732-5272

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?