グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 歴史 > メールマガジン「あおもり歴史トリビア」 > 「あおもり歴史トリビア」第15号(2012年7月13日配信)

ここから本文です。

更新日:2015年6月1日

「あおもり歴史トリビア」第15号(2012年7月13日配信)

聖徳公園の「明治天皇御渡海記念碑」(担当:葛西)

初めまして。私は、市史編さん室の事務を担当している葛西です。

さて、毎日の事務仕事に追われる中、いろいろな問い合わせがあります。今日は、その中のひとつを紹介したいと思います。

編さん室に異動したばかりの頃、図書館で『青森市史』第1巻教育編(昭和29年青森市)を閲覧された県外のかたから、口絵写真の記念碑「明治天皇臨御之校の碑」(こちらの石碑の紹介は、次回にします)、「明治天皇御渡海記念碑」を訪ねてみたいので、現在の所在を教えてほしいとの問い合わせがありました。

私は、青森市に何十年も住んでいながら、問い合わせの記念碑について、まったく分からず、愕然(がくぜん)としてしまいました。

編さん室にある資料を調べていくと、「明治天皇御渡海記念碑」は、『目で見る青森の歴史』(昭和44年青森市)に「聖徳(せいとく)公園」の写真があり、この公園内に同じ記念碑が写っているではありませんか!

「戦前の聖徳公園」(青森市発行『目で見る青森の歴史』より)
「戦前の聖徳公園」(青森市発行『目で見る青森の歴史』より)

「閑院宮殿下をお迎え奉り関係者一同撮影」(青森市発行『目で見る青森の歴史』より)
「閑院宮殿下をお迎え奉り関係者一同撮影」(青森市発行『目で見る青森の歴史』より)

その写真の説明によると「聖徳公園は、明治天皇が明治9年、同14年に東北及び北海道地方の産業開発等の視察に際して、この青森埠頭から渡海されたことにより、ここが本市の最も由緒深き遺跡であるので、記念碑を建て保存しようと、『建設会』を組織し、一般市民から建設費の募金をはじめ、昭和5年8月に起工し、同年10月末、竣工した。昭和6年6月に管理の万全を期するため、『建設会』から青森市に寄付移管の申し出があり、昭和6年7月16日開園式を挙行した。その後、聖徳公園は、何度か移転した。」とのことです。

碑の除幕式は、昭和5年、明治節(明治天皇誕生日)にあたる11月3日に行われました。また、「景仰聖徳」と閑院宮(かんいんのみや)様による題字があり、側面にライオンのような頭像が埋め込まれていて、ヨーロッパ風の印象的な記念碑です。

「景仰聖徳」の題字
「景仰聖徳」の題字

ライオンのような頭像
ライオンのような頭像

聖徳公園には、いろいろな碑があり、「海の記念日発祥の地」という碑も建っています。そういえば7月16日(月曜日)は、「海の日」でしたね。

「海の記念日発祥の地」の碑
「海の記念日発祥の地」の碑

明治天皇が乗った明治丸の主錨を複製したもの
明治天皇が乗った明治丸の主錨を複製したもの

明日からの三連休、ベイエリアでは、「海の日」関連イベントが開催されます。八甲田丸で「港フェスタ(詩のボクシングなど)」、青い海公園で「安潟みなとまつり(花火大会など)」等イベント満載ですので、この機会に「聖徳公園(青い海公園の東隣り)」に足を運んで、記念碑を探してみてはいかがでしょうか?

この情報が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局市民図書館 担当者名:歴史資料室

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-732-5271

ファックス番号:017-732-5272

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?